Manila Tour Vol.1

 

日付が変わったので、本日金曜日が授業の最終日となりました。

 

先生や友人から

「今の心境は?」

とよく聞かれるんですが

 

一言で言うと、言えません。。

いろんな感情が複雑に絡み合っていて

僕のゴイリョクでは表現出来ません。

 

が、延長はしません。帰国します。

 

あ、そういえば先日、友人と本の話になったのですが

村上春樹と東野圭吾が韓国でも人気がある様です。

 

村上春樹はちょっと僕には取っ付きにくくて

読まず嫌いなところがあるんですが、

東野圭吾は僕も大好きなので、話が盛り上がりました〜

 

さて、今回はManila Tour

友人からManila Tourをして欲しいと依頼があったので

個人的にお勧めの場所に連れて行きました。

 

まず一カ所目はGolden Mosque

IMG_1379

こちらのモスクは、マニラ周辺に100万人程もいると言われている

イスラム教徒の精神的拠り所として建てられたそうです。

 

それではまずはここまでの行き方から。

最寄りの駅はLine1Central Sta.になります。

 

駅のホームから金色のモスクが見えます。

駅からは徒歩10分かからないくらいで着きます。

 

モスク周辺にはイスラム教徒が住んでおり、Muslim Townを形成しています。

こちらがMuslim Townの入り口。

IMG_1374

今回は2回目だったんですが、初めて行った時は正直ちょっと怖くて写真が撮れませんでした。

というのも、僕は記憶にある限り、イスラム教徒と接した事が無かったのです。

 

自分の知っている情報は基本的にテレビで流れてくる情報ばかり。

例えば、どこどこの国でイスラム過激派による自爆テロがあったとか。。。

 

個人的な印象では、日本で流れている報道は基本的にキリスト教寄りなのかなぁと思ってます。

アメリカと同盟関係にある事が影響しているのか、戦後GHQの管理下にあった事が影響しているのかわかりませんが。

 

なので、イスラム教徒が実際にはどんな人達でどの様に生活しているのか実は全く知らなかった訳です。

 

という事で最初は恐る恐る街に入って行きました。

が、今回は2回目という事もあって、安心できたので何枚か写真撮ってきました。

 

街の様子はこちら。

IMG_1375

IMG_1380

基本的には他のキリスト教徒が住む地域と大差ない印象でした。

 

そしてモスク周辺の写真。

イスラム教徒以外はモスク内部に入ってはダメだと言われたので、周辺の写真のみです。

IMG_1395

完全に観光客。

IMG_1387

ここは共同風呂みたいなところ。風呂なのか?

IMG_1388

こちらはモスクの真横にあった家。環境的にはかなり劣悪ですよ。

IMG_1390

こんな中でも子供達は元気でした。

そして好奇心旺盛なのか、臆する事無く話しかけてきます。

IMG_1393

この子達は、私も撮ってって(笑)

 

一通り見た後は、小腹がすいたので

Jollibee at Muslim Townで休憩♩

 

最近Jollibeeがお気に入りでよく行ってるんですが、

中でもC1セット(チキンとライスのセット)がお気に入り。

ここでも同じの頼んだんですが、メッチャ美味しかったぁ♩

日本に進出しないかなぁ。

 

今回のManila Tourで改めて感じたのは、

まだまだ自分に見えているのは表面的な部分だけだなぁという事。

今はそれでも良いと思ってます。

 

このモスクに行って、写真撮ってブログにアップして

全部がわかったなんてもちろん思ってません。

 

自分の知らない世界に一歩足を踏み入れて、

まずは興味を持つ事から。

 

ブログのサブタイトル

「一歩一歩」

まさにこんな感じで少しずつ世界を見てきます。

 

続きはまた次回!

IMG_1389

Ryosuke Oka

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。