2013年はLovely Lovelyで幕開け!

Philippinesを経て、世界一周2カ国目!!

現在 KanchanaburiThailand にいます!!

**************************

 

さて、ここカンチャナブリーは泰緬鉄道で有名な場所です。

泰緬とは、泰=タイ、緬=ビルマ(ミャンマー)を意味しています。

つまり、タイとビルマを繋ぐ鉄道という事ですね。

 

泰緬鉄道は第2次世界大戦中に日本軍が建設したもので、

今はその一部が残っており、現在でも使われている状況です。

当時、この鉄道建設には日本軍兵士だけでなく、連合軍の捕虜も動員し、

多くの犠牲者を出したため、英語名をDeath Railwayと言います。

 

近くには犠牲者の共同墓地があり、献花に来る西洋人をちらほら見かけました。

P1200913

P1200915

そして最も有名な場所の1つがこの鉄橋です。

P1200952

この鉄橋は、映画「戦場にかける橋 (英語名:The Bridge on The River Kwai)」

の舞台にもなった場所です。

僕は旅に出る前に映画を観てきましたが、

かなり古い映画なので、興味があったら観てみて下さい。

 

橋は現在も使われていますが、電車の来ない時は上の写真の様に歩く事が出来ます。

そして、電車が来ると、退避スペースに退避します。

P1200977

電車が過ぎるとこんな感じ

P1210015

 

さぁそしてこんなに人がたくさんいる中ですね、

僕はこの写真を撮った訳ですよ。

P1210041

見覚えのある方も多いかとは思いますが・・・

新年の挨拶用の写真を撮ろうと思い、タイマー使って撮りました。

え?もちろん恥ずかしいよ。そりゃね。

 

とまぁカンチャナブリーの紹介はこの辺にしといてですね、

2013年はとても楽しい幕開けとなりました!!

 

学生君が午前中に帰ってしまって1人だし、

元旦はゲストハウスでのんびりしようと思っていたんですが、

小腹がすいたので街へ食料調達に出かけました。

友人からタピオカを進められたので探してみると、発見!

IMG_2092

これで20バーツ(60円)!安いし美味しかった!

和田さん、これの事かな??

 

タピオカミルクティーを飲みながら街をプラプラし、ゲストハウスに帰ろうとした時、

ゲストハウスの隣の民家で新年のパーティーをしている家族に呼び止められ、

そのまま飛び入り参加する事に!!

IMG_2102

何処から来たんだ?日本か!ブランデーは好きか?飲め飲め!!

って感じで参加する事に!

IMG_2097

これはトムヤムクン。まさに本場の家庭料理を味わいました!!

IMG_2098

このおじちゃん(以下、おじちゃんP)がもうひたすら食え食えって。

でもホント美味しかった!

 

IMG_2106

このおじちゃん(以下、おじちゃんR)は、おじちゃんPの友達。

みかんを食え食えって。

IMG_2105

美味しく頂き、さらにお土産に沢山のみかんを頂きました♩

 

IMG_2118

おじちゃんRが突然、道端に生えてるこの葉っぱをちぎって持ってきました。

何だろうと思ったら、

IMG_2119

これを食べた後に葉っぱを食べると辛くないよ、と言うではないですか。

※これだけ食べると本当に辛いです。

 

うそやろ〜〜〜またまたおっちゃん冗談キツいよ〜〜〜。

と大げさなリアクションを取ってから食べてみると、なんと!!!

今までの辛さで舌がマヒしててよくわかりませんでした〜。

ですが、リアクションだけはちゃんととっておきました。

Oh!!!! 辛くない!みたいな。

 

さぁそして、パーティも盛り上がってきたところで子供達のプレゼント交換!!

IMG_2132

各プレゼントに番号が貼ってあって、子供達はくじ引きをします。

IMG_2136

くじ引きの様子。みんな楽しそうでした♩

ちなみに、タイでもお年玉の習慣がある様で、大人達がお金を配ってましたよ。

 

IMG_2108

最初に声をかけてくれたおじちゃんP

次にまたタイに来たときは連絡しな、うちに泊めてあげるから。

近くの病院で働いてるから君が遊びに来てくれたら嬉しいよ。

と言ってくれました。

今日、偶然会った僕にいろんなタイの家庭料理を振る舞ってくれて、お酒もたくさん頂いて、

本当に楽しい元旦を過ごす事が出来ました。ありがとう★

 

IMG_2113

そしておじちゃんR

リバプールをこよなく愛しているそうで(笑)

1年後、5年後、10年後、君がまたタイに来たときは、いつでも歓迎する。

「タイと日本はLovely Lovely

そんな事を言ってました。

 

おじちゃん達はほとんど英語が話せませんでしたが、

それでも彼らの気持ちは十分伝わりました。

タイの人たちと過ごした元旦、忘れられない思い出が出来ました。

ブログ村 世界一周

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。