あなたはどうしてボランティアをするんですか?

Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia

を経て、世界一周6カ国目!!

現在Kolkata, Indiaにいます!!

********************************

コルカタに着いて4日目。

毎日新しいインドが見れて新鮮な気分。

3ヶ月後、お腹いっぱいになっているのかインドに魅了されているのか、

さて、どっちに転ぶでしょうか。

 

今日はマザーハウスでボランティアをしてきました。

ボランティアは3・11の震災時以来。

 

朝7時にマザーハウスに行き、バンとバナナとチャイの朝食を頂きます。

7時半過ぎからシスターの説明を受け、8時頃には出発。

行き先は数カ所あり、僕は「Prem Dam」という障害者施設に割り当てられました。

 

マザーハウスからみんなで歩いて行きます。

IMG_2774

参加者はざっと数えても100人以上。

国籍も様々。

マザー・テレサの名の下に世界中からボランティアスタッフが集まってます。

 

当初は少し重たい雰囲気でのボランティアなのかな?と思っていましたが、

今日が最終日の人達にはみんなで歌のプレゼントをしたりと、とても明るく、居心地は良かったです。

 

青い建物が施設。

IMG_2786

マザーハウスや施設内の写真撮影は禁止なので、このくらいしか写真ありません。

 

作業内容は単純で、洗濯・掃除・食事の配膳・食事の補助・ひげ剃り等々です。

力作業は全くないので、誰でも参加出来ます。

 

実際にはこの施設には障害者だけでなく、老人も多くいて、

老人ホームも兼ねている様な状況でした。

 

僕は着いてさっそく洗濯の手伝い。

と言っても、施設のスタッフが洗った物をひたすら絞る絞る絞る・・・

訳でもなく、1個絞ってはおしゃべり。しばらくすると自分の番が来て、また絞る。。

洗濯物の量に比して、ボランティアスタッフが多すぎるので、順番が回ってこない。

 

次に施設の掃除。

洗剤の含まれた水を撒き、箒でひたすらゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・

する訳でもなく、まぁゴシゴシくらいかな。人が多いから。

 

10時過ぎから30分程休憩。

ボランティアスタッフにもバナナ・クッキー・チャイが振舞われます。

 

その後は昼食の配膳。

今日はどこかのお金持ちの方が食事を寄付してくれたそうで、綺麗な箱に入ったお弁当でした。

こちらも一瞬で終了。

基本的には、常に暇でした。

 

なので、黙々と何かをしている人もいれば、施設の人達とキャッチボールをしている人もいたり、

みんな思い思いに過ごしていました。

 

ここで出会ったフランス人の女の子がなんと日本人大好きな子で、

僕が日本から来たと言うと絶叫(笑)

欧米人らしいリアクションを想像して頂ければ、それ、正解です。

 

今狙っている日本人の男の子の写真を見せてもらったり、

来年から日本で英語教師として働くことを目標にしているとか、

日本人と結婚して日本で暮らすんだとか、もう目をキラキラさせてました。

 

僕は正直ボランティア精神に溢れてマザーハウスに行った訳ではないです。

どんなものかなぁ〜〜?

という好奇心で行きました。

 

数ヶ月の長期で来ている人がいる一方、僕は1日のみ。

1日ボランティアした程度で、得られるものは大してありません。

今日も、何を感じたかと言われれば、特にないです。

 

敢えて言えば、同じ様なボランティアは日本でもできる。

 

でも、そんな難しく考える必要も無いのかな。

何事も、長く続けるコツは「楽しむ事」

 

何でボランティアしてるの?と聞かれた時に、

「困ってる人を助けたい」なんて、今の僕にはちょっと無理ですが、

自分が楽しめる事が、人の為になる事なのであれば、

今の自分にとって、ボランティアをする理由はそれで十分かな。

 

今日は楽しかったですよ。

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。