可愛さに負けたおっさんの結末やいかに!?

現在、Bagan, Myanmarにいます!!

世界一周11カ国目!!

旅のルート:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand

→India→Sri Lanka→India→Bhutan→India→Nepal→India→Bangladesh

→India→Thailand→Myanmar (New!!)

***********************************

 

バガンあちーよこのやろー!!

なんだこれは!!

命の危険を感じるくらい暑いわ。日中出歩けないもんね。

 

という事で今日の記事はバガンについて。

ここは東南アジアの3大仏教遺跡の1つで有名な場所です。

(他の2つはカンボジアのアンコールワット・インドネシアのボロブドゥール)

 

ヤンゴンから夜行バスで移動し、早朝3時に到着。

バスターミナルから宿まで連れてってくれた兄ちゃんにお願いして、その日のサンライズを見に行く事にしました。

5時に迎えに来るとの事だったので、寝ずにアメトーク見て時間つぶし。

 

あ、バガンではWinner GHに泊まりました。

シングルが朝食&Wi-Fi付で$9です。

 

そしてサンライズの見れる寺院へ馬車で移動。

既に何人かの観光客が来てましたが、シーズン的には雨期に入っているので、人は少なかったですね。

ちなみに天気予報ではミャンマー全土で連日雨の予報ですが、ここバガンは内陸に位置していて、雨期でも雨が少ないそうです。

なので、サンライズもしっかり見れましたよ!

 

日が昇り、辺りが明るくなってくると、バガンの遺跡群が姿を現します。

P1380522

大小いくつもの寺院の尖塔をこの広大な土地に見る事ができます。

P1380567

日が昇りきると、こんな感じで遺跡を一望出来ます。

P1380484

P1380573

早朝のうっすらと靄のかかった大地から太陽が昇り、何百という数の寺院が姿を見せるその光景がとても神秘的でした。

 

が、僕はこれでバガンの観光大満足!

本当はこの後チャリでも借りて遺跡巡りしようかと思ってたんですが、全部似たり寄ったりの寺院だし、遺跡巡りにはちょっと飽きてるところあったし、暑いし。。。

 

という事で、オールド・バガンという遺跡の集中するエリアには行かず、ニャウンウーというなんだかニャンニャンしたくなる様な名前の小さな村をプラプラ歩いてみる事にしました。

P1380715

P1380787

P1380813

P1380815

2時間歩き回ったけど、マジで暑い!!これは死ぬ!!

と思い、宿に帰って休憩。

 

夕方、宿の主人に、歩いて行けるサンセットのオススメポイントを教えてもらったので、行ってみました。

実は夕方には雲が結構出てたんですが、晴れ男と言えば私おかりょーすけ。

ちょーど日が落ちる部分だけ奇跡的に雲が無くて、これまた綺麗なサンセットが見れちゃいました♩

 

太陽が徐々に沈んでいき、雲から太陽が出てくる瞬間。

P1380963

 

遺跡と太陽を使って遊んでみた。とは言ったものの、なんだろうねこの写真は。

P1380996

ロウソク? それとも太陽を吸い込もうとしている瞬間? みたいな?

ま、なんでもいーか。

 

こちらは片手で撮ったから、手にも太陽にもピントが合っていない中途半端な写真。

P1390007

今気付いたけど、オートフォーカスで写真撮れば良かったのか。。ばか。

 

そして沈む直前、太陽はより一層その輝きを増します。

P1390014

サンセットも綺麗だったねー!!!

僕も、今はふらついた生活送ってますけど、人生の終盤にはこんな風に輝きを増して終わりたいなとこの太陽を見ながら思いました。

 

嘘です。

本当は今このブログ書いてる時に思いつきました。

 

という事で、バガンでは初日でサンライズ〜村巡り〜サンセットと見れちゃったので、後はのんびり宿で本読んだりネットサーフィンしたり。

 

すると、1人の少年が僕のところに栓抜きを売りにきました。

P1390051

彼の名前はトゥエ、12歳。

なんかわかんないんですが、僕は凄くこの子に惹かれちゃって。

 

笑顔が凄く可愛くて、そして英語で僕に栓抜きを売ろうとしてくるんです。

P1390058

最初は、「1個1500チャット(150円)」

でも僕がいらないと言うと、今度は「2個なら2000チャット(200円)に値下げするよ」と。

それでもいらないと言うと、じゃあまた明日来るから、と言って初日はバイバイ。

 

普段はこれでこういった子供の事はすぐ忘れちゃうんですが、この子に関しては何故か頭から離れなくて、もし本当に明日も来たなら1個買っても良いかな〜と思い始める。

 

翌日、朝食を食べているとまたトゥエが来て、同じ会話がスタート。

でも今度は「1個なら1000チャット(100円)に値引きするよ」と言ってくる。

 

全ての言動が可愛すぎて、完全に僕のツボ。

んもーおじちゃん1個買っちゃうぞっ!

って感じで、買っちゃいましたー。

トゥエの一番好きなのはどれ?って聞いたらこれ↓って言ったので購入。

P1390066

これはバガンの神様らしいです。

 

何で惹かれたかって理由は、単に可愛いからってだけじゃ無いんですけどね。

12歳で英語使って大人のしかも外国人相手に商売してるんですよ。

まぁ自分が12歳の時と比べたら、本当に逞しいですよね。

 

もちろんトゥエ以外にもこういう子供達は沢山いるんですけど、でも最終的に僕がトゥエから栓抜きを買ったのは、やっぱりこの子が可愛かったからだなぁ。

人柄ってのも、重要な要素ですよね。

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。