サンタアナでグータラ生活

現在、Antigua, Guatemala  にいます!!

世界一周19カ国、67都市!!

旅のルート:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→Japan→South Korea→Guatemala

→Honduras→El Salvador (New!!)

*************************************************

 

前回の記事でも書きましたが、僕は最強宿に泊まる為だけにサンタアナへやってきました。

でも、せっかく来たのだからと思いエル・サルバドルについて調べてみると、なんとサンタアナの近くにエルサルバドル唯一の世界遺産があるではないですか!

その名はJoya de Cerén(ホヤ・デ・セレン遺跡)

 

しかもこの遺跡「中米のポンペイ」と言われているそうで、その名の通り火山の噴火によって地中に埋もれてしまった古代都市。640年の噴火によって埋もれ、1976年に発見されるまで1300年間も地中に埋もれていたのです。

ポンペイ遺跡には絶対に行こうと思っていたので、「中米のポンペイ」という響きに惹かれて行ってきました!

 

バスを乗り継ぎ、道中こんな大道芸人に絡まれ(ちなみに大道芸人は沢山います。信号で車が止まると目の前に来ていきなり芸を始めたりします)

IMG_1714

こんなワクワクする乗り合いバスに乗ったりして、

IMG_1715

サンタアナから1時間後に到着。

IMG_1721

ん?ゲートが閉まってるし、なんか張り紙がしてあるぞ。

IMG_1719

※ 翻訳サイトによる訳「SITRASEC 労働失業 不定 私たちは 管理上のescalafonの実行を要求します」

どゆこと? やってないの? 「ぺるどーーん、ぺるどーーん(excuse me)」と声を張り上げ中の管理人らしきおじちゃんに今日はやってないのかと聞くと、なんかやってない様子の返事が帰ってくる。遠くにいて何言ってるか全く聞こえん。

せめてこっちに来てくれたって良いじゃないか。

 

よくわかんないけど、結局エル・サルバドル唯一の世界遺産は見る事が出来なかった。。

 

しかし、このすぐ近くに世界遺産ではないけれどもSan Sndrés(サンアンドレス遺跡)というのがある。距離にしてここから10キロくらい。

気を取り直し、またバスを乗り継ぎ、途中までは来た道を戻ったから、またさっきの大道芸人に絡まれ

IMG_1713

サンアンドレス遺跡に到着。

IMG_1723

ここが入り口。

IMG_1722

※ 翻訳サイトによる訳「私たちが管理上のescalafon sitrasecを要求する理由で新しい警告まで閉じられました」

こっちもやってねーのかよ!

 

しかしなんでやってないんだ? 月曜日はやってないってのは知ってるんですが、この日は水曜日。

宿に帰って撮った写真を翻訳するも、上記の訳でいまいちパッとしない。

 

両方の張り紙に共通する単語は「escalafon」と「sitrasec」。

ネットで調べてみたら、年功序列の事をescalafonと言うらしい。しかし、辞書が無いのでこの場合に年功序列と訳すのかは謎。そしてsitrasecは見つからない。

 

まぁ、とりあえずどっちもやってなかった。

 

宿に帰り、ドミの住人に今日の出来事を話すと、

「ボルケーノには行ったか?」と聞かれた。

ここでは火山ツアーもあり、ヨーロピアン達は皆ボルケーノに行っている様だった。

が、まぁそんなに興味はないなぁ。ということで、結局4泊グータラ。

 

サンタアナの街もそれほど大きい訳ではないが、適当に歩いて街の人達と話している方が楽しい。

宿を1歩出ると・・・人が寝ている。

IMG_1752

今もやっているのかいないのか、柔道教室を見つけた。

IMG_1750

市場のエリアはとても賑やかです。もう数えきれないくらいのお店が軒を連ねています。

P1480230

黒いのはバナナ。こんな真っ黒になるまで、というか一部白くなるまで販売。食えねーなこりゃ。

IMG_1754

こちらはバスターミナル。

IMG_1759

サンタアナのバスターミナルは市場の中にあるので、狭いスペースをバスが走って行きます。

IMG_1756

特にバスターミナル周辺は活気があって面白い。カメラを持って歩いているだけで「写真撮って!」と声を掛けられます。

IMG_1760

 

そしてこちらは街の中心にあるリベルター公園。

P1480252

公園の周囲には美しい建物が多い。こちらはサンタアナ市庁舎。

P1480235

こちらはサンタアナ国立劇場。

P1480258

僕が写真を撮っていると、近くから「una foto….」と聞こえてくる。声のする方を見ると、女の子達がこっちをみて笑っている。どうやら写真を撮って欲しい様だ。という事で、遠慮なく写真を撮らせてもらう。

P1480263

これは1922年に完成したカテドラル。これはかなり迫力があって綺麗だった。

P1480273

裏手に回ると正面とはまた違った色で、ハリーポッターとかに出てきそうな雰囲気。

P1480296

あとは適当に街をプラプラ。

P1480319

名前のわからない教会の廃墟。

P1480336

P1480354

といったところがサンタアナの町歩き。

 

ここは治安が比較的安定している街なので、カメラを持ち歩ける。

僕がカメラを持っているのを見つけると、向こうから写真撮って!!と声を掛けてくる事もよくある。

撮った写真を見せて皆で「おーいいねぇ」なんて言いながら地元の人達と触れ合うのが楽しい街だ。

 

これでエル・サルバドル編はひとまず終了。

見所は何?と聞かれるとかなり答えにくい国だが、ホンジュラス同様に人は凄く良い。

この2カ国を巡って、僕は中米が大好きになってしまった。

出来る事ならもっとじっくり見て回りたいんだけど。

お金と時間と・・・あぁどうしよう・・・

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。