グアテマラでデモの最前線へ突入

現在、Antigua, Guatemala  にいます!!

世界一周19カ国、67都市!!

旅のルート:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→Japan→South Korea→Guatemala

→Honduras→El Salvador→Guatemala2

*************************************************

 

もう嫁に来ようかと思ってしまうくらいに居心地のよかったサンタアナのCasa Verdeをチェックアウトし、グアテマラへ向けて出発。

サンタアナからはアウアチャパン(Ahuachapán)を経由しなくてはならない。

210番のバスで1時間。バス代は$0.5。到着すると、普通の路上に降ろされる。

IMG_1770

ここから国境のラス・チナマス(Las Chinamas)へ向かうバスに乗る。

バス乗り場を教えてもらうと、パルケの目の前から出ていると言う。徒歩5分で到着。

バスは直ぐに出発し、30分で国境に着く。バス代は$0.5

サンタアナから合計$1で国境に到着した。ホント安いなぁ。

 

エル・サルバドル側のイミグレではパスポートと以前の記事でも書いた「紙切れ」を見せる。

すると今度は出国を証明する紙切れをもらう。

IMG_1798

これはグアテマラに入国する際に見せなければならない。

国境には橋が架かっており風も吹いている。この紙が飛ばされない様に注意する。

しっかりとポケットに入れた事を確認し、橋を渡る。

IMG_1809

下には川が流れており、気持ちの良い国境だ。

IMG_1806

グアテマラのイミグレもすんなり通過。

グアテマラ・シティー行きのチキンバスは目の前に停まっている。

IMG_1819

出発時間を聞くと、出発は1時間後の11時30分。

コーラを飲み、両替の兄ちゃん達と話しながら1時間を過ごす。

IMG_1820

彼らの話だと、2時間でグアテシティーに着くと言う。

それならまだ明るい時間帯だし、バスを乗り換えて今日中にアンティグアに行けそうだ。

 

11時半にチキンバスは出発。料金はQ30(360円)

順調に走ってはいたが、2時間では着かなかった。

僕はもともと3時間半くらいを予想していたので、まぁあと1時間半くらいかなと思っていたのだが、なんと途中で渋滞に巻き込まれてしまった。

 

首都でもない、単なる地方の山の中でこんな渋滞なんておかしい。

僕は直ぐに前回の「チキンバス事件」を思い出す。

あれはたしか月曜日だった。そして、チキンバス関連で事件があった。

今日は・・・月曜日だ。この先で何かあったのだろう。

 

それから1時間、バスはほとんど動かない。

しまいには運転手が路肩にバスを停め、エンジンを切って降りてしまった。

 

他の乗客達は時折来る対向車を注意深く見ている。

パトカーが何台かサイレンを鳴らしながら通り過ぎる。

そしてチキンバスが来ると、みな一斉に外を見る。

1台のチキンバスの窓ガラスがあちこち割れていた。見るからに新しい。

やはりこの先で、チキンバス関連で何かが起きている。

 

こりゃあ長期戦かもしれないなぁ。

夜にグアテシティーに着くのはちょっとやだなぁ。

などど思っていると、運転手がバスに戻って来て、乗客に向かって話し始めた。

 

僕には理解出来なかったが、話し終わると乗客全員が荷物を持って降り始めた。

外では別の添乗員が乗客に返金をしている。

IMG_1829

どうやらこのバスはこの先に行くのをやめた様だ。

 

僕もバスを降り、グアテシティーに行きたいと言うと、Q5(60円)を返金され、この先で別のバスに乗れば行けると言われる。

おいおい、この先って、なんか起きてるんでしょ??

 

他の乗客達はお金を受け取り歩き出す。行くってことは大丈夫なのだろうと思い彼らに着いて行く。

IMG_1831

僕らとは逆に向こう側から歩いてくる人達も大勢いる。

IMG_1835

という事は、ある程度までは行けるのだろうと思い、しばらく歩く。

1キロ程歩いた所で、小さな街が見えてきた。と同時に警察の機動隊を発見する。

IMG_1838

IMG_1840

周囲では物が燃やされ、「パンッ」という音が鳴り響いている。野次馬も沢山いる。

IMG_1839

ここでやっとデモが行われている事がわかった。

バスに乗っていた時に隣のにーちゃんに聞いたが、何と言っているのか理解出来なかったのだ。

しかし残念ながらここはメインの場所では無かった。ここを抜けてもまだ渋滞は続いているのだ。

 

更に進むと街の中心地らしき場所に着き、すぐ近くで黒煙が上がっているのが見えた。

IMG_1845

どうやらここがメインの場所の様だ。野次馬が沢山いたので僕も近づいてみようと試みたが、突然目・鼻・喉が痛くなった。何なのかはわからなかったが、何かを燃やしているせいだろうと思い、近づくのは諦める。

 

あまりここでのんびりしていると、グアテシティーに行くのが遅くなる。

何処なのかも、名前すらもわからない小さな街で降ろされて、グアテシティーに行けなかったらシャレにならん。

外国人だって1人もいやしない。僕だけだ。

 

近くにいた警察に聞いてみると、デモの向こう側まで行けば、グアテシティー行きのバスがあるのではないかと言う。

そして、それはデモを避ける様にグルッと街を回って行けば大丈夫だと言う。

 

言われた通り路地に入り、デモ会場となっているメインロードを避ける。

ここなら大丈夫そうだ。そう思って進んでいると、ある路地に着いた所で、遠くから大勢の人達が悲鳴らしき声を上げながらこっちに向かって走ってくる。

IMG_1848

それを見た周囲にいた人達も一斉に悲鳴を上げて逃げて行く。

なんだなんだと思って見ていると、1人のおばちゃんが

「あなたも逃げなさい!」と言って、おばちゃんの家に避難させてくれた。

 

家に逃げると、何が起こっているのかもわからない僕の隣に立って、息子の携帯でツーショット写真を撮り始めた。ついでなので、僕のカメラでも撮ってもらった。

IMG_1851

これが避難させてもらった家。

IMG_1854

そして、直ぐにまた「行くよ!」と言って外に連れ出される。

なんか、みんなすんごい楽しそうなんですけど。

先ほど聞いた「悲鳴」は単なる「歓声」であった。デモを見て楽しんでいるのか。なるほどなるほど。

 

で、「僕はグアテシティーに行きたいんだけど」と聞くと、今はデモのせいでバスが停まっているから無理だ。夜になれば行けるかもしれない、と言う。

最悪、今日中にグアテシティーに行く事は出来ないかもしれない。そう思って念の為ホテルの場所を聞いてみると、それはメインロードにあって今は危ないから、しばらくはここにいた方が良いと言われる。

なるほどそうですか。

 

ということで、しばらくここにいようと決めたその時。

突然「パンッ!」という音が鳴る。

周囲の人達はまた悲鳴の様な声を上げて逃げて行く。

 

ふと上空を見ると、頭上に白い筋が3つ、こっちに向かって来る。

あの映像はスローモーションを見ている様だった。今でもはっきりと目に浮かぶ。

その3つの筋は綺麗な弧を描き、僕のほんの数メートル手前に落ちる。そしてそのまま火花を散らしながらこちらに転がってくる。

 

さすがに僕もヤバイと思い、その場から逃げる。

周囲はすぐに白い煙に包まれ、目や鼻が痛くなる。

IMG_1864

IMG_1868

どうやら、機動隊は催涙弾を放っている様だ。

 

ん? まてまて。 なぜこっちに向かって催涙弾を放つんだ?

もしや・・・と思って周囲を見ると、みな歓声をあげ、明らかに機動隊を挑発している。

IMG_1863

口笛を吹き、奇声を発し、中には機動隊の近くまで行って投石をしている者もいる。

IMG_1860

おまえらがデモ隊かよっ!!

 

僕は彼らを単なる野次馬だと思っていた。

僕がここに着いた時に彼らは走ってこっちに逃げて来た。

それはどうやら、彼らがメインロードで投石等のデモ行為を行い、そして機動隊にジリジリと押されてこの場所まで退却して来た様なのだ。

 

僕は今、デモの最前線にいます。

IMG_1852

そして、何故か彼らと仲良くなってます。

IMG_1853

もう、わけわかめだ。

 

ここでいつ終わるのかもわからないデモをしばらく観察し、時計を見るともう16時。

はぁこの後バスが動いたとしても、グアテシティーに着くのは夕方以降だ。

今日は諦めてこの街のホテルに泊まろう。

 

メインロードは既に機動隊が制圧していたので一応安全ではある。たぶん。

暗くなる前にホテルをとって荷物を置いておこう。

ということで、仲良くなった何人かにホテルに行くと伝え、「気をつけろよ!」と言われ、「いや、お前らがデモやめれば済む話じゃろがっ!」

という突っ込みを心の中でしつつも「ありがと!」と返事をしてホテルへ向かう。

 

宿は1泊Q75(920円)。

IMG_1876

この日の移動を諦めた人達が何人か泊まっている様だった。

そういえばここどこやねん! と思って街の名前を聞いてみると「Cerinal」という街だそうだ。

スクリーンショット 2013-11-14 23.32.15

部屋をとり、荷物を置いて一息つくと、凄くお腹が空いている事に気付いた。

昼飯を食べていなかったのだ。

 

日も暮れ始めたし、デモもまだ続いていて危ないので、ホテル近くの店でササッと済ませる事にした。

行ってみると、店はまだやっていない。

何人かが準備をしていたので、ご飯食べれるかと聞いたら、まだ営業時間前だったのだろうけど、店を開けてくれた。

IMG_1914

店内はまだ準備が整っていなかった。なんでも良いから食べれればOKだった僕は、値段がQ10(120円)だと言うので全く期待せずにチキンを頼んだ。

IMG_1878

そしたらこれが大当たり! めっちゃくちゃ美味しかった!!

 

僕がご飯を食べていると、2人の子供が僕の所へ来た。この店の子供の様だ。

IMG_1912

この子達がもうほんと可愛くて可愛くて。

男の子はエマヌエル。15歳。 僕が「リョウ」と自己紹介すると、

「リョウ! みかん持って来たよ! 食べて!」

IMG_1907

「リョウ! キュウリ持って来たよ! 食べて!」

IMG_1910

「リョウ! サラダだよ! 食べて!」(ちなみにこのサラダは他のおじちゃんが注文したやつ笑)

IMG_1918

と言っていろんな物を持って来てくれる。

僕はチキン(Q10)しか頼んでいない(そしてQ10しか払っていない)のに、結局彼のお陰でお腹いっぱい食べる事が出来た。

 

彼は僕に興味を持ってくれた様で、いろんな事をスペイン語で質問してくる。

僕が理解出来なくて答えられない事も沢山あったが、それでも僕になついてくれた。

IMG_1882

 

それからこっちの女の子は5歳。彼女の名前は全く聞き取れず、不明。2回聞いたんだけどさ。。

IMG_1879

彼女はカメラに興味を示し、「撮っても良い?」 と言うのでしばらくカメラを貸してあげた。

今回使っている写真の中には彼女が撮った写真もある。こちらはその1つ。

IMG_1920

僕とエマヌエルとそして店に来ていた他の客達と。何処にいるかわかります?

 

僕の写真を撮ろうとするので、カメラ目線にすると怒られる。

どうやら自然体の写真を撮りたい様だ。5歳にしてこのこだわり。

この子も、もしや天才カメラマンか!?

 

写真を撮っては周りの大人達に見せに行く。

そんな彼女を僕が撮ろうとすると、恥ずかしがって顔を隠してしまう。

彼女と話をしていると、時折、僕の耳元で内緒話をする様にコソコソ話したりもする。

まったく理解出来なかったが、周囲には聞かれたくない内容だったのだろうか(笑)

 

もうこの2人のする何もかもが可愛すぎて、昇天してしまいそうだった。

まぁいろいろあったが、ここで最後に楽しい時間を過ごせたので今日も満足。

 

ところで、今回のデモはチキンバスの料金が値上がりしている事への不満から起きたものらしい。

だからこの日この街を通るチキンバスが襲われていたのだ。

 

見ている限りでは、みな普段の鬱憤を晴らして楽しんでいる様にも見えた。

投石をしたり、物を燃やしたり、機動隊が催涙弾を放ったり・・・その程度で済んだから今回は良かったが、あまり過激なデモだと僕も危なかったかもしれない。

興味深い経験ではあったが。

 

それにしても、チキンバス関連の事件に関しては引きが強いなぁ。

ちょっと気をつけなければ。

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。