恋するメデジン

現在、Bogotá, Colombia にいます!!

世界一周25カ国、97都市!!

旅のルート:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→Japan→South Korea→Guatemala

→Honduras→El Salvador→Guatemala2→BelizeMexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2

→Nicaragua→Costa RicaPanama→ Colombia (New!!)

*************************************************

 

どーも! 今日はメデジンについて!

みなさん、メデジンという街をご存知でしょうか??

 

実はコロンビア自体、地球の歩き方でもほとんど触れられていないんです。

治安悪いんでしょ?と思っている方も多いかもしれません。

でも!! コロンビア、そしてメデジン、

めっちゃオススメ!!

 

以前、3C(国名がCから始まる、可愛い娘が多い国!)の話をちらっと書きましたが、コロンビアもその1つ! そしてこのメデジンがコロンビア国内でも特に可愛い娘を排出することで有名らしい!!

うっほーたまらん!

 

でも、オススメなのはそれだけではないんですよ。

何と言ってもコロンビア人、そしてメデジンの人達、みんな気さくで優しすぎ。

もうほんと、コロンビアに恋しそう。

 

そんなコロンビア、敬遠する旅人は多いみたい。

やはり治安が悪いという情報が先行しているのか、あるいは中米から飛行機で飛ぶのに、コロンビア行きの便が高いからなのかな?

詳しくはわかりませんが、本当にもったいない!!

 

僕らよりも少し上の世代の人なら記憶にあるかもしれませんが、メデジンはかつて麻薬密売組織「メデジン・カルテル」の拠点だった場所。その組織を作ったのがパブロ・エスコバルという人物。

エスコバルはメデジンに生まれ、メデジン・カルテルを組織すると世界中にコカインを販売し、瞬く間に世界最大の麻薬組織へと成長させます。それによってアメリカと対立し、1993年にエスコバル自身が殺害されるまで、400人以上を殺害し、たびたびテロ事件を起してきました。

ほんの20年前までそんな事が起こっていた場所がメデジン。

 

そんなメデジンの今をほんの少しですが紹介していきます。

まずは僕がメデジンに到着した翌日の土曜日。月に1度のハンディクラフト市があるというのでボリバル公園(Parque Bolivar)へ行ってきました。

到着すると、公園は数えきれないくらいの店で埋め尽くされ、大賑わい!

p15207271

みんな思い思いの店を出して楽しそう。レオンでやったフリマを思い出し、こんなのがあるって知ってたらプルセラちゃんと作り貯めておいたのにな〜。。と、ちょっと後悔。

ハンディクラフト市と言いつつも、骨董品の店も沢山。

p15207791

実は骨董品の店を巡るのが最近のマイブーム。行った先々で市が開かれていたら必ず探してます。

きっかけはグアテマラのアンティグア。プラプラ歩いていたら骨董品の出店を発見。今は使われていないグアテマラの旧1セント硬貨を見つけ、それを買って以来、その楽しさにハマっちゃってます。

まぁお金ないんで基本的に見て終わりなんですが。

今回のメデジンではメキシコの旧硬貨とアルバ(ベネズエラの北にある島国)の硬貨を見つけ、合計25円だったので買っちゃいました〜。

 

骨董品の店ではこれ!!という掘り出し物は見つけられませんでしたが、その代わり!!

めっっっちゃんこ可愛いコロンビア人を見つけちゃいましたっ!!

p20252941

頭にお花なんか巻いちゃってもうドキドキするわぁ。

ほんとに、メデジン、可愛い娘、多いですっ!

 

それから、メデジンに来たらご当地料理を食べるのも楽しみの1つ!

IMG_7539

今回食べたのはBandeja Paisa(手前)Sancocho de Res(右奥)。

Bandeja Paisaの方は豚肉・ソーセージ・豆・アボガド・プラタノ(調理用バナナ)・米など。

Sancocho de Res は牛肉・トウモロコシ・野菜などを煮込んだスープ。

味は美味しいんだけど、かな〜〜〜りボリューム満点で、食べきれませんでした。。

 

特にBandeja PaisaのPaisaとはメデジンを含むこの辺一帯の人達の事を指します。

なので、メデジンに来たら是非このBandeja Paisaを食べてみて、そのボリュームに驚いてみて下さい!

 

さて続いては、メデジン生まれの芸術家ボテロの作品!

何でもかんでも「ぼてっ」とした感じに仕上げる彼の作品。ボテロなだけに「ぼてっ」としてます。

こちらはその名も「Cabeza :頭」。たぶんボテロの作品の中でも特に有名なのではないでしょうか。

P1520881

そしてこちらは、横たわっているふくよかな女性をお尻側から撮った写真。

P1520872

なんか、股の間が茶色くなってて、うんこ漏らしたみたいになってます。

まぁこんな感じの「ぼてっ」とした作品が公園に沢山展示されてます。

タダで見れるので、メデジンに来た際には是非!

 

ちなみにボゴタにはボテロ美術館があり、こちらも無料で見れるので行って参りました。

ボゴタ編で少しだけ紹介しますね!

 

そして最後はメデジンのケーブルカー

メデジンにはコロンビア国内で唯一の電車が走っています。首都のボゴタには電車が無いんです。

電車の料金は一律1,900ペソ(約$1)。Acevedo駅へ行くと、そのままケーブルカーに乗る事が出来ます。Santo Domingo駅までは追加料金無しで行けます!

ケーブルカーは中心地から少し離れた場所にあり、ケーブルカーの下の街並はなかなか荒ぶっている感じ。

 

Santo Domingo駅が近付くと、お祭りの様な感じで賑わっている公園を発見。

とりあえずSanto Domingo駅で下車し、改札を出るかどうか検討する。

まだ外は明るいし人も多いので大丈夫だろうと思い、少し出てみる事に。

 

公園へ行くと、大勢の家族や若者で賑わっており、公園沿いの店では飲んでる人達もたくさん!

P1530156

アジア人がこんな場所で写真を撮っているのが珍しいのか、子供達から声をかけられる。

話してみると、毎週末この公園は祭りの様な感じらしい。

この辺は危なくないの?と聞いてみると、以前は危なかったが、今は大丈夫だとの事。

それでもなかなか荒ぶった感じの若者も多い。

p15300971

そんな公園を歩いていると、何とも不思議なものを発見!!

p15300451

このおばちゃんが、白い物体を木の枝に引っ掛けて、コネコネしている。

これは何だ!? と思い聞いてみたが、僕の知らない単語が出て来たので、詳細わからず。。

試しに買って食べてみると、サトウキビ?の様な甘い味わい。一体なんだったのか・・・

 

そして忘れちゃならないのがメデジンの夜景! この公園は夜景スポットにもなってます!

こちらは夕方、日が沈む前のメデジンの景色。

p15302111

だんだんと日が沈み、少しずつ街にオレンジ色の明かりが灯ってゆく。

山の斜面にまで広がる光を見ていると、まるで噴火した山から溶岩が流れているかの様にも見える。

p15302681

メデジン、ちょっとの滞在だったけど、良い街だったなぁ。次はもっと長居したいなぁ。

コロンビア人の温かさに触れた良い滞在でした!

間違いなくオススメの街ですよ!!

Ryosuke Oka

広告

2件のコメント

  1. それはGelatina de pata(ゲラティーナ・デ・パタ)と言って、
    牛の足のゼラチン質から作るお菓子ですよー。
    作りたてはベタベタして柔らかいですが、
    切って、粉をつけて、少し乾かしたものがスーパーなどでもよく
    売っています。
    メデジンの伝統的なお菓子らしいです。

    1. かおりさん
      え〜〜!!! 牛の足のゼラチン質!?!?
      全く予想外の食べ物でした!!
      わざわざありがとうございます!!

      思わぬ所で伝統的なお菓子に出会ってたんですね。
      これ甘くて美味しかったです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。