キトの泥棒宿に泊まってみた

Now I’m in:Quito, Ecuador 

Visited:101Cities , 26Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→BelizeMexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa RicaPanamaColombia→ Ecuador (New!!)

*************************************************

 

日本では雪で大変みたいですが、みなさん大丈夫でしょうか??

 

僕は先日オタバロからエクアドルの首都キトへ移動してきました。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-02-15-20-29-34

オタバロのバスターミナルからは1時間半・$2。キト北部のカルセレンバスターミナルに到着し、そこから市バスとトロリーバスを乗り継いで「セントロ・ヒストリコ」というキトの旧市街に移動。

市バスは終点の「Estación La Y」駅まで行き、そこでトロリーバスに乗り換える事が出来ます。料金はカルセレンから乗り換え込みで、たったの$0.25!! 激安!!

 

セントロ・ヒストリコでは「St. Domingo」駅で下車し、徒歩で「泥棒宿 Sucre」へ!!

このスクレ、以前は日本人バックパッカーが集まり沈没するという、日本人御用達の日本人宿だったのですが、数年前から盗難被害が続出し、今では泥棒宿として有名になってしまった宿。

 

犯人は宿で働いている人間だとか、あるいは外部の人間だとか、はたまた同じ宿泊者だとか・・・

ネット上でもそんな情報が出回っているため、今では多くの日本人旅行者が回避してしまい、日本人の利用者はメッキリと減ってしまった様です。

 

しかし一方で値段が特に安いのもまたこのスクレ! 1泊なんと$4.5!!

まぁ昔は$2の時代があり、それが$3になり$4になり、今では$4.5。

 

僕は今回その泥棒宿がどんなもんかと思い、泊まってみる事にしました。

最初は$5と言われたのですが、値切ったらあっさり$4.5に。あんまりしつこく値切りすぎて、後で何か物をとられるのも嫌だったので、値切り交渉は程々にしておきました(汗)

 

日本人が減ったとは言え、今でもちらほらと泊まっている様で、現在は僕の他に3人の日本人が泊まっています。その他、韓国人やアルゼンチン人、欧米人等が利用しており、多国籍な宿となっています。

最初は僕も恐る恐るな感じでしたが、実際に来てみるとなんか全然大丈夫!!というかむしろ居心地よすぎて、かつて多くの日本人が沈没していたというのもかな〜り頷けます。

 

スクレはセントロ・ヒストリコのど真ん中にあり、周囲はスペイン統治時代のコロニアル建築に囲まれています。1食$1でがっつり食べれる食堂もあるし、バスの駅も近いのでどこに行くにも便利だし、そして何よりも、オーナーのホセがすんごくいい人!!

p1560706

日本人が大好きなホセの口癖は「ありがと〜〜!!

朝から晩まなんやかんやと働いて、でもいつもニコニコしてて可愛いおじちゃん。

普通、宿では宿泊者以外は入れないか、もしくは入れても受付周辺のみというのが普通なのですが、日本人に関しては何故か大歓迎の様子。ここにはかつて滞在していた日本人が残した情報ノートがあるので、それを見に来る日本人がいたり、宿泊している日本人の友達が遊びに来たりと、泥棒宿と言われている割に、実はみんなこのスクレが気になっている様子。

 

僕の宿泊中も何人かの日本人が様子を見に来てました。

ホセは日本人が来る度に「む〜ちょハポネス!(日本人いっぱい!)」と言って喜んでます。

ほんと可愛いよ(笑)

 

そんなスクレには共有スペースに日本の国旗と旅人からのメッセージが。

img_7921

そして僕の部屋はこんな感じ。

img_7940

思っていたよりも広くてキレイ。外はサンフランシスコ教会と広場に面していて、眺めもいいです!

p1560463

朝はこんな感じで日の出が見れますよ! 世界遺産キト旧市街と日の出。

p1560483

どうですか? 僕はこの景色も凄く気に入ってます。

世界遺産の街でこんな風に日の出が見れるなんて贅沢ですよね!

 

さて、改めてキトの旧市街「セントロ・ヒストリコ」は1978年に世界遺産に登録された場所。

キトの標高は2850mと高く、旧市街には坂道が多いので、歩くと息切れしちゃいます。。

キトはかつてインカ帝国第2の都市でした。しかしピサロ率いるスペイン軍がインカ帝国に攻め込むと、その進入を防ぐ為にインカ帝国の武将自らキトを破壊し、今では何も残っていません。

 

スペイン統治後はコロニアル建築の街並を造り、それが今でも綺麗に残っています。

p1550910

が、正直、僕はこのコロニアル建築というものにどうやら飽きた模様。

キトに来ても特に感動する事も無く、まぁこんなもんかという感じ。

 

だって、北はメキシコからここまでず〜〜〜〜っとスペインの支配していた国なんですよ。

全部「ころにあるけんちく」

もうお腹いっぱいだわ。

 

旧市街を歩いててたまたま見つけた伝統?のダンス。

p1560113

衣装がカラフルで、これは見てて面白かった。途中から見たので何なのかはよくわかりませんが。

 

そしてキトに来たら、ほとんどの旅人が行くであろう場所に僕も行って参りました。

みなさん、エクアドルという国名は何を意味しているがご存知ですか?

スペイン語では「Ecuador」と書きます。英語では「Equator」と書きます。

 

もうおわかりでしょうか? そう「赤道」の事です!!

エクアドルとはスペイン語で赤道。エクアドルには赤道が通っているのです!!

 

これまでに人生で赤道を越えたのは2回。

1回目は、大学生時代にスキーの合宿でニュージーランドに行った時。

2回目は、この旅でインドネシアに行った際。

しかしどちらも飛行機で越えたので、陸で赤道を越えるのは今回が初めて!!

 

赤道の場所はキトの北部、約23kmの場所にあります。

なので本当の事を言うと、僕は北から南下してキトに入ったので、既に赤道を越えて南半球にいるのですが・・・

旧市街からはバスを乗り継いで行く事が出来ます。 片道$0.4! 約2時間で到着。

 

赤道上には赤道記念碑が建っており、周囲は公園になっています。入場料は$3

p1560605

こんな立派な記念碑が建ってます。

が!

実はここは「かつて赤道だと信じられていた場所」で、本当の赤道ではないんです。

GPSの発達により本当の赤道はがここから200mズレた場所にある事が判明(笑)

 

今そこには博物館があり、本当の赤道上では様々な実験をする事が出来ます。

例えば、赤道上で卵を立てるとか、北半球と赤道上と南半球とでは水の流れる方向が違うとか・・・

まぁ、僕、行ってないんですけどね。

 

200mの差なんて、地球の大きさを考えたら無いに等しいでしょ!

もうここが赤道で良いじゃん! ってことで、僕はここで写真撮って満足しちゃいました。

 

赤道上に座ってみた。

p1560572

自撮りしたので、地球儀を持ち上げる予定が全く持ち上げられず。

なんか、赤道の上って他の場所に座るのとは何かが違う・・・わけねーな。

 

北半球と南半球を股にかける男。

p1560590

僕の股間は今ちょうど赤道上にあります!

隊長! なんか、ムズムズしますっ!!

 

こんな感じでしばらく北半球と南半球を行ったり来たりしてました。

実はこの赤道で他の宿に泊まっている友達と待ち合わせをしていたのですが、結局会えず。

連絡取ってたときは「赤道で11時に!」とか言って予定を立ててたんですけど。

そして今この記事を書きながら思ったんですが、赤道で待ち合わせって、それ凄いね(笑)

 

ちなみに余談ですが、そもそもなんで日本語では「赤道」って言うんでしょうか?

調べてみたら、古代中国で太陽の通る道を赤色で示した事が由来だそうですよ。

 

さて、これからしばらくは南半球にいます。

たぶんブラジルを北上して北半球に行く事になると思います。

次に北半球に帰るのはいつになるかな〜

 

*********************************************************************

【 Sucre:スクレ情報 】

歩き方にも載ってます。St. Domingo駅まで行けば、後は坂道を上って徒歩5分くらい。

サンフランシスコ教会の隣。写真右の淡いクリーム色の建物がスクレです!

p1560457

1泊$4.5(値切る前は$5)・WiFiフリー(かつては野良WiFiを勝手に拾っていた様ですが、今はスクレ専用WiFiが飛んでます!)・バストイレ共同・ホットシャワー・キッチンあり・洗濯場あり・情報ノートあり(ちょっと古いけど)。

そして何と言っても、オーナーのホセがめっちゃいい人!! 日本人の事が大好き!!

 

そして肝心の盗難の件ですが、個人的な印象としては他の宿と基本的には変わらないかな。という印象。

先ほど上でも書きましたが、宿泊客以外も入れるので、その点は注意が必要。

ここは日本ではないので、自分の荷物は自分で管理する。その辺にPCをぽーんっと置いとけば、まぁかなりの確率で無くなりますよね。最低限の当たり前の事をやっていれば、盗難は十分防げると思いますよ。

 

それからここは自前の鍵を掛ける事が出来るので、僕は一応番号の違う鍵を2個付けてます。

img_7944

1つ破られてもまだもう1個あるので、まぁリスクヘッジです。

滞在してる感じ、ここまでする必要も無さそうなんですけどね。

 

という事で結論としては、居心地良いです!

まぁこの記事読んで泊まって何かあっても、僕は責任負えませんが。

日本人戻ってこ〜〜い!!

ホセが待ってるよ〜!

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。