一度は行ってみたかったワカチナ!砂漠のオアシスに行って来た!!

Now I’m in:Cusco, Peru 

Visited:114Cities , 27Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→BelizeMexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→ Peru (New!!)

*************************************************

 

さて、今日の記事は砂漠のオアシス「Huacachina:ワカチナ」!!

リマからバスで約5時間半。ちょっとずつ南下してますよ〜。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-03-04-21-04-21

旅に出る前に何かのきっかけで知ったワカチナ。綺麗な写真に魅了され、行こうと決めていた場所。

 

まずは、すぐ近くの「Ica:イカ」という街へ行きます。

ワカチナにも宿はありますが、直ぐにナスカへ行く予定だったので、今回はイカに泊まる事にしました。

 

到着した初日は既に夜だったので、宿でのんびり。

翌朝6時頃に目覚め、7時半頃にトゥクトゥクでワカチナへ向かいました。

料金は行きが5ソル(約185円)・帰りは4ソル(150円)。

 

宿の近くから10分程でワカチナに到着!!

ついに!! ついに!!

夢にまでは見てないけど、1度は来てみたかったオアシスに到着!!

 

トゥクトゥクを降り、歩き出す。

まだ早朝のため、店は閉まっており、人も少なく、辺りは静か。

 

現在雨期の南米では曇りの日ばかり。

何処に行ってもスカっ!!と晴れた日が無い。

 

しかしこの日は違いました。

The 晴れ男」が日本からはるばるこのワカチナに来たからでしょう。

いや、晴れ男なら毎日晴れろよ。ってね。

 

たぶん、朝早く来たからでしょう。

お天気絶好調! 快晴!!

 

そして最初に目に飛び込んで来た光景がこちら!!

p1580713

風もなく、空気が澄んでいて、まだほんのり肌寒い、早朝のオアシス。

まさかの鏡張りに思わずため息が漏れる・・・

 

暫くこの光景にみとれ、ハッと気付いてオアシスの周囲を歩きだす。

p1580721

小さな湖を囲む様にホテルやレストランが立ち並んでいる。

ここに泊まっていると思われる欧米人もちらほら散歩をしに外に出て来た。

 

1周するのに30分もかからない本当に小さなオアシス。

周囲を見渡すと、砂丘に囲まれている。

 

足跡が何本もあるので、登った人がいるのだろう。

まだ太陽もそれ程高くないので、僕も一番高い砂丘に登ってみることにした。

 

しかし砂漠に足を踏み入れると熱い。

砂が太陽の日差しを吸収して、熱を帯びている。

 

1歩1歩、進むたびにサンダルが砂に埋もれ、そして半歩後退する。

砂丘を登るのは思ったよりもキツい。

 

すぐに息が切れ、ゼェゼェハァハァ言っている。

そうこうしているうちにも太陽は昇り、気温が上がって行く。

 

途中途中で休憩しながら、少しずつ。

p1580806

風が作り上げた模様。凄く綺麗。

ここに今から俺の足跡をつけてやるぜ! と意気込んで登り、直ぐにバテる。

ぐへぇ。

 

中間辺りで撮ったワカチナの全景。

p1580814

オアシスの周りを、巨大な砂丘が取り囲んでいる。

砂丘を乗り越えて、このオアシスを発見した時の気持ちを想像してみる。

うん、今なら砂漠の民の気持ちが少しわかる気がする。

 

だいぶ登って来た。

p1580832

足跡のある方は、日陰になっている部分。

こちら側の方が、砂の温度が低く、少し砂が硬いので、歩き易いのだ。

 

周囲を見渡せば、遥か彼方まで、砂漠。 自然ってすげーわ。

p1580849

ペルーと聞いて砂漠という発想が無かったので、こんなにも広大な砂漠のある国だったのかと驚いた。

 

ようやく到着した頂上からのオアシス全景。

p1580862

もう少し引いた写真を撮りたかったが、僕のカメラの限界で、こんな写真になってしまった。

 

砂丘の向こう側には、なんと砂漠の街があった。

p1580868

ワカチナよりもこっちに驚いてしまった。

砂漠の中に突如として現れた無数の建物、人や車が行き交い、間違いなくそこで人間が生活している。

 

4000mを超えるアンデスの高地に住む民族がいる一方、海抜0mに近いこんな砂漠で生活する民族がいる。ペルーという国は様々な顔を持った面白い国だなぁと改めて感じる。

 

暫く砂丘の頂上で休憩し、広大な砂漠を心行くまで堪能し、帰路についた。

 

水も持たずに登ったので喉がカラカラ。

イカに帰ってから、近くの店で試しに買ってみた「Peru Cola」。

img_8329

これ、ウマっ!

コカコーラとなんら変わらない味で、500mlのお値段なんと1ソル(37円)!!

お試しあれ!

 

とうことで、ワカチナに行けた事に大満足!!

昼に宿をチェックアウトし、次の街、ナスカへと向かった。

 

*********************************************************************

【 Ica:イカ 情報 】

■ Hostal:宿

Hotel Tacna」:バス会社のオフィスが集まるエリアから徒歩5分程のTacna通りにある。

img_8321

「アルマス広場」に通じる通りがタクナ通りなので、広場へ向かえば見つかるはず。

タクナ通りには安宿が沢山あるので、「イカ」に泊まるのであればタクナ通りがオススメ。

1泊20ソル(約740円)・水シャワー・WiFi無し・キッチン無し。

 

■ Transporte:移動

① リマ → イカ

旧市街「Central 駅」近くのバス会社オフィスエリアから、お馴染みの格安バス「Flores 社」でイカへ。

料金は20ソル(約740円)・20分おきにバスが出ているとの事。

他にも沢山のバス会社が集まっており、値段を聞いて回ったが、Flores 社が最安であった。

所要5時間と言われていたが、5時間半で到着。

 

② イカ → ナスカ

こちらもお馴染みFlores 社で10ソル(約370円)

所要2時間〜3時間で到着と言われ、3時間で到着。

 

以上、参考になれば幸いです!

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。