2度とやらないとか言っときながら早速トレッキング行って来た〜ペリト・モレノ氷河〜

Now I’m in:Isla de Chiloé, Chile

Visited:131Cities , 30Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3

*************************************************

 

4泊5日のトレッキングを中止し、トレッキングなんか2度と行くかボケぇと毒づいた僕は

次の目的地「El Calafate:エル・カラファテ」へと移動。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-04-17-18-15-21

カラファテはアルゼンチン側にあるので、再度アルゼンチンへ入国。

国境を渡る時というのは即ち新しい国に入るというのがこれまでだったが、この両国に関しては何度も行き来しすぎて新鮮味が無くなってしまった。

 

さて、チリのプエルト・ナタレスから国境を含めバスで5時間半、カラファテに到着。

ここは「Parque Nacional Los Glaciares:ロス・グラシアレス国立公園」観光の拠点となる街。

1981年に世界遺産として登録された国立公園には「Glaciar Perito Moreno:ペリト・モレノ氷河」に代表される大小様々な氷河が数えきれない程ある。

 

カラファテの宿にチェックインしてすぐに街歩きをし、ツアー会社を探す。

事前に、途中で会った旅人やネットで相場を仕入れていたら、ピッタリのツアー会社を見つけたので、そこで通称「BIG ICE:ビッグ・アイス」と呼ばれる氷河トレッキングツアーに申込。

 

氷河トレッキングツアーには2種類あり、1つは氷河の上を1時間半歩けるミニ・トレッキング。もう1つは氷河の上を3時間歩けるビッグ・アイス。

両者の大きな違いは歩くコース。ミニの場合には氷河の表面を撫でるだけなのに対し、ビッグの方は氷河の奥まで入って行けるのが特徴。

 

ビッグ・アイスの料金は1,200アルゼンチンペソ(闇両替後で約$120相当)

値段は高いのだが、せっかくここまで来たので、ビッグアイスに挑戦!!

日本では氷河の上を歩くなんて経験出来ませんからね!!

 

オフィスで必要な物の説明を受けると、トレッキングシューズが必ず必要だと言う。

ランニングシューズではダメか?と聞くとダメ。15%引きでレンタル出来るからと。

このトレッキングに革靴で行った強者を知っているので、まぁランニングシューズなら余裕だろう。

ということでレンタルせず。

 

トレッキング当日。朝7時過ぎにバスが宿に迎えに来る。

1時間半程で国立公園へ行き、先ずは展望エリアから氷河観賞(40分)。

 

こちらが展望台から見た「Glaciar Perito Moreno:ペリト・モレノ氷河」!!

p1640517

こんな巨大な氷河をこんなに間近で見られて、もう本当に感動!!

早く歩きてぇぇぇぇ!!と、パイネでのトレッキングの事なんかすっかり忘れて気分が高揚 ↑↑↑

 

展望エリアはとても広く、40分で全てを見るには少し急がないといけません。

まぁこれから氷河の上を歩くので、別に展望エリアを隅々まで見る必要は無いんですが、僕は高ぶる気持ちを抑えきれず、小走りで展望エリアを巡りました(笑)

それでも半分しか見れず。

 

それだけこの氷河がデカい!!という事です。

 

ちなみに、氷河の崩落も見れました!!

崩落の直前、ピキピキという、氷河にヒビの入る音が聞こえてきます。

すると直ぐに大きな雷鳴にも似た音を立てて氷の固まりが崩れ落ち、大きな水しぶきが上がります。

良い感じの写真は撮れませんでしたが、大小様々なサイズの崩落が見れて、大満足!!

 

時間が来ると再度バスに乗り込み、船着き場へと移動します。

ここから小さな船で対岸にある氷河の近くへ渡り、トレッキングが始まります。

 

船から見たペリト・モレノ氷河。

p1640564

壁の様にそびえる氷河。太陽の光が当たり、青白く輝く氷河。

天気は最高だし、今からこの上を歩くのかと思うと、もう待ちきれなくなってくる。

p1640560

20分程で対岸へ到着。氷河はもうすぐそこ!!

p1640600

ここで英語組とスペイン語組に別れ、先ずはトレッキングの説明。

p1640608

そしてスタート!

p1640686

氷河を真横に見ながら、40分程、陸地を歩いて氷河の奥の方へと近付きます。

近付く程に、その巨大さに圧倒され、自然の偉大さにため息しか出ない。ほげぇ〜。

p1640669

トレッキングポイントに到着し、準備開始。

ここでアイゼンとハーネスの装備品をレンタルし、サイズチェック。

p1640699

周囲を見ると、僕以外は全員トレッキングシューズだったが、僕はランニングシューズで挑む。

p1640704

サイズチェックしてもらう時に「お前これじゃぁ靴が柔らかいから疲れるぜ」と言われた。

なるほど、がっちりした靴じゃないと、長時間歩くのがキツいという事なのか。まぁ、無問題。

 

装備品のチェックが終わると、氷河へ。

p1640716

びろ〜〜〜んと広がる巨大な氷河。 そしてついに氷河に上陸!!

p1640726

氷河は氷河であって陸じゃないけど、「氷河に上陸」っていう表現は正しいのか? まぁどーでもいいか。

周囲は黒く汚れており、まぁイメージする氷河とはちょっと違う。

ここで先ほどサイズチェックしたアイゼンを履く。ガルル。

p1640736

初めてのアイゼン。

p1640742

これを履くと、がっちりと氷に噛み付き、ちょっとの事では滑らない。

準備が整うと、ガイドによる歩き方の説明。

p1640746

普段の幅よりも少し広げてワイドスタンスで歩くのが基本だそうだ。ほうほう。

なんか、久しぶりにスキーの講習を受けている様な感覚で懐かしい。あぁスキーしてぇなぁ。

 

説明が終わるといよいよトレッキング開始!!

p1640761

1列になり、ガイド2名が付いて歩いて行く。途中には小さなクレパスも。

p1640787

ガイドがちゃんとルートを選んでくれるので、仮に落ちても問題ない様な小さなクレパスしかない。

 

ここは表面にうっすらと氷の張った場所。

p1640798

表面には綺麗な氷の結晶が出来ている。

p1650073

この氷を割って、食べてみる。

p1640803

特に何の味もしないけど、それが美味かった!!

氷河の水には特に何の成分も含まれていないそうだ。だから、サラっとしていて飲み易い。

 

遠くから見るとわからないが、近付くと氷河の表面が汚れているのがわかる。

p1640832

これは、周囲の山から風で飛ばされて来た砂埃。

大小様々な石も沢山あり、これらは氷河が山を削って運んで来たもの。

氷河は常に移動しているということが良くわかる。

 

ここでザックリと氷河についての豆知識!!

p1650046

氷河は、上流域で雪が降り、長い年月をかけて圧縮され、氷河になります。

それが重力や氷河の底の水の流れによって少しずつ下流へと移動し、一定の場所まで来ると溶け出したり、崩落したりして氷河が減少して行きます。

この積雪による増加と融解・崩落による減少の差で、氷河全体が維持されているのか、あるいは減少傾向にあるのかがわかります。パタゴニアの氷河は全体的に減少傾向にあるそうです。

 

今、目に見えている氷河は、一体いつ出来上がったのだろうか。

p1640843

途中途中で、いろんな解説を聞きながら、氷河の奥へと進んで行く。

p1640852

氷河の地形は常に変形するので、道は無い。ガイドが常に安全なルートを見極めながら、

p1640959

歩きにくい場所にはピッケルで道を作って進んで行く。

p1650105

すると、遠くに小さな穴を発見。

p1650232

近付いてみると、氷河から溶け出した水が、小さな滝を作っていた。

p1650089

太陽の光を浴びて、青く輝いている。

今度は遠くに小さな水たまりを発見。

p1640952

氷河が溶け出し、周囲から流れて来た水がここに溜まっている。

氷河の上にある、名も無き小さな湖。

p1640877

周囲は飛ばされて来た砂埃で黒くなっているが、湖の中には青い世界が広がっている。

p1640925

ぼーっと眺めていると、吸い込まれてしまいそうだ。

氷河はただの氷の固まりだと思っていたが、いろんな表情があり、歩いていて全く飽きない。

 

1時間半程歩いたところでランチタイム。

p1640976

お昼は各自持参なので、前日に用意しておいたホットドックを食べる。そして水は氷河の水を飲む。

p1650022

不純物の無い水。氷河の水は驚く程美味い!!

2Lの空きペットボトルを持って来ていたので、水を入れて持ち帰った。

 

暫く氷河の上ではしゃぎ、

p1650023

再び出発。

p1650084

するとガイドが、中に入れる程の大きな穴を見つけ、入って行く。

p1650117

後に続くと、中にはこんな穴が広がっていた。

p1650130

あまりにも青過ぎて、そして青色のグラデーションが美しすぎて、うぉぉぉと唸る。

p1650138

p1650163

この穴の先は小川になっており、下の写真の様に穴を抜け出す。股の下は川。

p1650205

僕は足を踏み外して靴が濡れたが、なかなかおもしろい体験だった。

 

その後は氷河の上を歩き回りながら、スタート地点へと帰って行く。

p1650302

氷河の上にはいたる所に小川や水たまりがあり、

p1650292

p1650294

陸地とはまた違う不思議な世界が広がっていた。

新しい事の連続で、全く飽きる事なく、あっ!という間に3時間のトレッキングが終了。

 

装備を外し、また陸地を船着き場まで歩いて帰る。

紅葉越しのペリト・モレノ氷河。紅葉真っ盛りのパタゴニアでは最高の景色が見れた。

p1650353

途中には小さな滝もある。

p1650416

雄大な氷河と自然に圧倒されながら

p1650389

そして名残惜しさを感じながら帰りの船に乗ると、船上ではウィスキーが待っていた。

p1650476

ペリト・モレノ氷河の氷を入れたウィスキー。

貴重な経験を与えてくれたペリト・モレノに乾杯!!

p1650487

ウィスキー、最高に美味かった!!

 

宿に帰り、夕飯はもちろん牛肉ステーキ!! と、氷河で汲んで来た水で作ったお茶!

p1650500

※ 本当は氷河の水で米を炊こうと思っていたのだが、美味すぎて飲み過ぎてしまい、お茶を沸かす分しか残らなかった・・・

 

という事で、ペリト・モレノ氷河のトレッキング、楽しかった!!

p1650236

ここはまたいつか行きたいなぁ。次はどんな表情を見せてくれるのだろう。

 

パタゴニアの自然は本当にスゴい!

まだまだパタゴニアを楽しむよ〜!!

Adiós!

 

*********************************************************************

【 El Calafate:エル・カラファテ情報 】

■ Hostal:宿

藤旅館」:バスターミナル目の前のJulio A Roco 通りを西に真っすぐ行き、Comodoro 通りの更に1つ先の通りを左に曲がり、1ブロック先を右に曲がって100m 程行った場所。ターミナルからは徒歩15分。

img_8826

ドミ1泊100アルゼンチンペソ(約$9.5)・朝食付・WiFiフリー・バストイレ別・ホットシャワー・キッチン有。

日本人の旦那さんと韓国人の奥さん夫婦が経営する宿。奥さんの作る朝食がほんと美味い!! 癒される><

ご夫婦の経営するお寿司屋さんに行くと、宿泊者割引で10%引きになる!

寿司もうまかったぁ〜〜!!

 

■ Transporte:移動

プエルト・ナタレス(チリ)→ エル・カラファテ(アルゼンチン)

Buses Pacheco社」のバスで11時発・12,000チリペソ(約$21)・所要5時間半。

 

■ Trekking Tour :氷河トレッキングツアー

街のツアー会社や宿で申込可能。

ミニ・トレッキングは800ペソ(闇両替後で約$80相当)・氷河の上には1時間半の滞在。

BIG ICEは1,200ペソ(闇後で約$120相当)・氷河の上には3時間の滞在。

国立公園の入園料215ペソ(闇後で約$21相当)を別途支払う。

 

装備品のレンタルは街のレンタルショップで出来るが、基本的にレンタル不要。

アイゼンとハーネスのレンタルはツアー代に含まれている。

靴はトレッキングシューズが望ましい様だが、ランシューでも疲れる事無く歩けた。

手袋は、船着き場で説明を受けた後に無料レンタル可能。

天気が良ければ、歩いている間は暑い!

 

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。