Team Asiaでアウストラル街道を北上! vol 2

Now I’m in:Buenos Aires, Argentina

Visited:132Cities , 30Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3→Argentina3

*************************************************

 

本日は、アウストラル街道北上 第2弾。

 

■ 4月13日(日) 〜この選択が吉と出るか凶と出るか!?〜

今日の目的地は「Coyhaique:コヤイケ」。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-04-26-16-31-08

朝10時〜11時の間にバスが来ると言われ、10時前にはバス停で待機。

トランキーロが始発ではないので、何時に来るかはわからない様だ。

 

結局バスは10時前に到着し、10時には出発。 早めに待機しておいて良かった。

p1670062

値段は8,000ペソ(約$14)・所要4時間半。

アウストラル街道の景色を楽しむ為にこのルートを選んだにも関わらず、バスでは爆睡(笑)

それでも途中休憩の時などに撮った写真がこちら。

p1670068

p1670074

とにかく、絶景なのだ。

 

コヤイケに到着し、連日の移動で疲れているので今日はここで1泊。

町を歩いて宿を探していると、日本人2人組に出会う。泊まっている宿を尋ね、同じ宿に泊まる事に。

Hospedaje Patagonia Corner」 住所:Dussen207 Esquina12 Octubre

p1670146

民家の2階の空き部屋を宿にしている感じ。1人10,000ペソ(約$18)・バストイレ共同・ホットシャワー・キッチンは使えないので自前のキャンプ用の調理セットで自炊した・WiFiフリーだが1度に接続出来る人数が少ない為に、ほとんど使えない。値段の割に・・・って感じ。

※ 町歩きをしていたら「Cochrane : コックラン通り」に宿がたくさんあった。

 

さて、ここから先はルートが2つある。

①「 Chaitén:チャイテン」までバスで北上してフェリーでチロエ島へ(青のルート)

②「Chacabuco:チャカブコ」へ行き、フェリーでチロエ島へ(赤のルート)

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-04-26-16-56-17

アウストラル街道を楽しむなら①の青のルートなのだが、明日14日にチャイテンへの直行バスは無く、一方で明日チャカブコからフェリーが出るとの事。

青のルートでも、バスを乗り継いで行けばチャイテンへ行く事は可能な様だが、僕らは協議の結果、明日14日にチャカブコからフェリーでチロエ島を目指す、②の赤のルートを採る事にした。

さて、この選択が吉と出るのか凶と出るのか・・・

 

という事で、コヤイケにあるフェリー会社「Naviera Austral 社」のオフィスでチケットを購入。

p1670133

Chacabuco – Quellon で14,950ペソ(約$27)・23時発の便・所要28時間。

 

これで明日の準備は万端!

この日もみんなで夕食を作り、ワイワイ しながら夜を過ごしました。

明日から船の旅だぁ。

 

おやすみなさい zzz…

 

 

■ 4月14日(月) 〜な、なんだってぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?〜

今日の目的は「Chacabuco:チャカブコ」から23時発のチロエ島行きフェリーに乗る事。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-04-26-22-14-47

チャカブコへは2時間弱で着いてしまうので、日中はコヤイケをプラプラして時間つぶし。

プラプラしすぎてマジで暇。

 

14時半頃に宿近くのバス停から、先ずは「Aysen:アイセン」ヘと向かう。

img_8856

1,200ペソ(約$2)・所要1時間。

アイセンに到着後、目の前に停まっていたチャカブコ行きのバスに乗りこむ。

500ペソ(約$1)・所要20分。

 

そして、チャカブコのフェリー乗り場に到着。

p1670169

思っていたよりも大きくてしっかりした港だった。

 

とりあえずフェリー会社のオフィスへと向かう。

するとここで、旅で出会った日本人数人と偶然にも再会。数えてみると、ここに日本人が合計7人もいる。

本当に世界のどこにでもいるのは中国人ではなく日本人なのではないか、とも思ってしまう。

 

さて、時刻は16時過ぎ。

出発の23時までここで時間を潰す。

近くを散歩したり、ブログの記事を書いたり、おしゃべりしたり、スペイン語を勉強したり・・・

 

やっと21時を迎えた頃、事態は急変する。

他の旅行客から「今日は船が出ないのを知っているか?」と尋ねられた。

 

「は? どゆこと??」

「今日は悪天候のためフェリーは欠航。明日の朝9時にまたここに来る様にとの事らしい」

 

これを教えてくれたのは親切なヨーロピアンのバックパッカー。

悪天候で出航出来ないのは仕方が無いが、何故それを会社の人間が連絡に来ない。

オフィスの目の前で、16時からずっと待っているというのに。

 

彼らが教えてくれなければ、僕らはずっと何も知らないままだった。

馬鹿にすんなよコラ。

 

と、久しぶりにカチンと来た。

 

オフィスは23時に閉まるのでそれまでに出て行けとの事。

悪天候で船が欠航になった程に外は天気が悪い。雨が降り、クッソ寒い。

こんな中、今からどこに行けってんだ?

日本人を舐めんなよ。

 

という事でフェリー会社の窓口でねーちゃんと交渉開始。

とりあえず今日の1泊はここに全員を泊めさせてくれ。

悪い事は何もしない。ただ寝れればそれで良い。

 

という趣旨の事を何とかスペイン語で伝えるが、この建物の管理者じゃ無いから何とも言えない。あっちの管理人に聞いてくれと、他に回される。

仕方ないので管理人のもとへ行って同じ様に交渉すると、ちょっと待ってろと言ってどこかに電話をし始めた。暫くして電話が終ると、セキュリティの問題上、オフィス内で寝るのはダメだと。

欠航になったのはフェリーの会社の責任なんだから、会社に聞けと言われる。

 

なんだよ、たらい回しかよ。

 

再度フェリー会社の窓口へ行き、交渉するも、ここには泊められないとの一点張り。

なら宿代出してくれやと言ってみるが、ダメだと。

何でや!と言うと、壁に貼ってある規約の様なものをバンッと指差される。

 

なんだよ。その規約は水戸黄門の印籠並みに威厳のあるものなのかい?

そうかいそうかい。

 

この旅を通して、サービスの質に対しての期待値は限りなく低くなった。

というか、基本的に全く期待していない。

旅の最初は「あぁ日本だったら・・・」と比較する事もあったが、そんな事もいつしかしなくなった。

何が起こっても、Que sera sera:ケセラセラ、なるようになるべと思っている。

 

でも今回は何かがちょこっとだけ触れた。

「金払ってるんだからさぁ」なんて、お客様は神様発言をするつもりは無い。

ただ、ただ、ただの一言だけでよかった。

フェリー会社の人間から「今日は悪天候で船が出ない」と言って欲しかった。

 

それだけに、今回はちょっとガッカリだったなぁ。

 

結局交渉は決裂し、23時にみなゾロゾロとオフィスを出る。

外は寒く、雨が降っている。

 

オフィス前には屋根があり、何とか全員雨宿り出来るスペースがあったので、みんなでここで1晩明かそうという事になる。もう何を言われても動かん!! そう硬く決意した直後・・・

同じ様に追い出されたチリ人カップルが戻って来て、僕らの為に警備員に交渉してくれるとの事。

 

どうやら23時以降はこの建物は警備員が監視しており、その警備員がOKを出せば中で泊まれる様だ。

希望の光が見え、後は全てをチリ人カップルに託す。

 

数分後。

カップルが警備員を連れて戻って来た。

警備員は僕らを見るなり開口一番「中へどうぞ」と言ってくれた。

 

これにはさすがにみなで歓声を上げた。

うっほほ〜〜〜〜い♩♩

 

いくつかの注意事項を説明され、何とか暖かいオフィスの中で眠れる事になった。

みなでチリ人カップルにもお礼を言って、就寝!!

img_8863

僕もこんな感じで寝袋に入って寝ました。

img_8865

いやぁ旅って本当いろいろあるよねぇ。

でも、こういうのが楽しいんだよね。

 

明日の朝、無事にフェリーは出航するのだろうか。

外の雨は一向にやむ気配がない。

 

まぁ、何とかなるべ。ケセラセラ。

今日もおやすみなさい zzz…

 

 Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。