Team Asiaでアウストラル街道を北上! vol 3

Now I’m in:Buenos Aires, Argentina

Visited:133Cities , 31Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3→Argentina3→ Uruguay (NEW!!) →Argentina4

*************************************************

 

昨日はブエノスアイレスから日帰りでウルグアイに行ってきました〜!

大量のUSDを引き出し、とりあえず一安心。

今日はこれからパラグアイへ行ってきます!

 

■ 4月15日(火) 〜やっと出航!!〜

さて、フェリー会社のオフィスで1泊し、無事に朝の11時にフェリーが出航。

この時点で既に12時間遅れ。どうなる事やら。。

 

せっかくなので、ちょこっとだけフェリーの紹介。 Naviera Austral 社のHPはこちら

こちらが客室。235人を収容できるかなり大きなフェリー。座席はリクライニング式でまぁ悪くない。

p1670183

テレビも設置されており、終日映画やニュースが流されている。

ちょうど僕がフェリーに乗っていた時は、バルパライソで起きた大火災関連のニュースも流されていた。

言語は基本的にスペイン語。リスニングの為には良い機会だが、1日中テレビ観るのもキツいわ。

 

船内にはカフェもあり、軽食を食べる事も出来る。

p1670186

このスペースはみなの団欒の場になっており、じーーっと席に座っているのに飽きると、ここに来ては気分転換をする。ここにはコンセントもあるので、充電が出来たり、空いている時間帯には充電しながらPCで映画を観る事も出来た。

僕は今更ながら「モーターサイクル・ダイアリーズ」と「hangover」を観た。

 

特にモーターサイクル・ダイアリーズはアルゼンチン出身のチェゲバラが、学生時代にバイクで南米を旅した話。実際に自分も南米を旅している真っ最中に観たので、もの凄く面白かった。

 

彼、医者だったんだね。

 

他には、テレビを観ながらここでスペイン語の勉強。

ニュースに出て来た単語を片っ端から辞書で調べる、という気持ち悪い事を密かにやっていた。

ニュースの大部分がバルバライソの大火災関連だったので、そっち系の単語ばっかり出て来て、結局実践で使う機会は全く無く、ほとんど忘れた。

 

その他の設備としてはトイレはもちろん、シャワーも付いている。熱々のシャワーが使えるので嬉しい。

 

そしてこちらは甲板から撮った写真。

p1670266-2

p1670230-2

時折雨が降り、天気は終日こんな感じでどんよ〜〜〜〜りとしている。

晴れていたら、どんな景色が見れたのだろうか。

 

知らない子供の相手をしたり、お喋りしたり、勉強したり、映画を観たり・・・そんな感じで時間を過ごす

明日の昼過ぎに到着予定なので、今日は船内泊。

しかし悪天候の為に、途中途中で暫く停泊しながらの航海。

 

明日、無事にチロエ島に到着するのだろうか。

 

 

■ 4月16日(水) 〜またもや悪天候により・・・〜

船内は思っていたよりも寒く、あまり熟睡は出来なかった。

寝袋に入って寝れば良かったな。

 

さて、今日はチロエ島に到着するはずだっだのだが、昼前に船内放送が入る。

悪天候の為、18時までこの付近で停泊するとの事。

ブーングにも似た声が響き渡り、船内が一瞬ザワつく。

 

周囲の人に聞いて現在地を確認すると、チロエ島には近付いているものの、途中にまだいくつか寄港地があり、合計すると今日中に到着するのは無理だろうという事がわかった。

別にその事に関しては構わない。急げばまだ20日のフライトには間に合う。

 

ただ、問題は食料。

船内の食事は高いだろうと予想していたので、事前に1泊分の食料を買い込んでいた。

 

だがそれも尽き、船内のカフェで軽食を買わざるを得なくなった。

売ってるものはコーヒー(800ペソ:約140円)・ポテトチップスやクッキー等のお菓子類(500ペソ〜:約90円〜)・カップラーメン(1000ペソ:約180円)・サンドイッチ(1300ペソ:約230円)といった感じ。

 

値段を見ると大した事無い様にも思えるが、サイズが小さく量が少ないので、1つ買った所では全く足りない。貧乏旅行である事には変わりないので、そこは我慢する。

昼はサンドイッチ1個、夜はカップラーメン1個とポテチ1袋みたいな感じで何とか今日1日を過ごした。

img_8876

中南米ではマルちゃんのカップラーメンを良く見る。

味は日本で買うカップラーメンの方が断然美味しいが、このチーズ味は美味い。

 

そんな感じでフェリー2泊目。

バスと違って歩き回れるし、限られた範囲だが好きな事が出来るので、ストレスや疲労感はあまり無い。

 

明日こそはチロエ島に着いてくれよ〜

 

 

■ 4月17日(木) 〜チロエ島で海鮮祭りじゃぁぁ!!〜

早朝4時、フェリーはようやくチロエ島の「Quellon:ケジョン」に到着。

p1670276-2

フェリーで41時間、そして合計25時間遅れで到着。

7時までは船内にいても良いという事だったので、6時頃まで船内に待機。

その後、近くのバス会社「Cruz del Sur 社」のオフィスへ行きバスチケットを購入。

img_8878

既に予約等で早い時間のバスは満席。僕らは8時半発のチケットを購入し、ここで時間を潰す。

次の目的地は「Castro:カストロ」。バス代は1,800ペソ(約$3.2)

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-04-30-10-03-50

小腹が空いたので、朝食がてらエンパナーダを買おうと近くの店に行くと、店の前にいたチリ人の兄ちゃんがなんと5人分のエンパナーダ(合計5000ペソ:約$9)をおごってくれた。

チロエ島出身らしく、「チロエ島にようこそ!」と言っておごってくれたのだが、どうやら酒に酔って気分が大きくなっていた様だ。

 

スペイン語が話せると、こんなラッキーな事もある。

兄ちゃんありがと〜〜!!

 

8時半、バスは出発し2時間半でカストロに到着。 バスターミナルの客引きと交渉し、宿へ。

Hostal Nayahue」:バスターミナルを出て、目の前のメイン通りを右に500m程真っすぐ。

p1670446

1泊5,000ペソ(約$9)・バストイレ付・ホットシャワー・WiFIフリー・キッチン有。

 

さて、ここチロエ島はチリでも特に海鮮が美味しい島として有名な場所!!

なのですが、その前にちょこっとだけカストロの街をご紹介。

 

こちらはサンフランシスコ協会。チロエ島の教会群が世界遺産に登録されており、その1つがこちら。

p1670346

かわいい色使いなのだが、近付くと、おぉこれで世界遺産か・・・と思う様なハリボテ感満載の教会。

教会の壁は全てトタン?の様な壁で、それがむしろ独特なものらしい。

 

そしてこちらはチロエ島の典型的な家々。

p1670402

パステルカラーで彩られたカラフルな水上家屋。  今ではほんの一部しか無いが、凄く可愛い街並だった。

 

そして本題の海鮮!!

p1670287

海沿いの市場へ行くと、さばきたての新鮮な魚介がパックに詰められて売られている。

内容によって1,000〜3,500ペソ($2〜6)程で食べられる。

僕は海鮮の詰め合わせとサーモンの2つを買った。

p1670304

味はもちろん新鮮で美味しかった!!

が、味付けがレモンなのでそれが海鮮本来の味を邪魔して、途中ですぐに飽きた。

酸っぱ過ぎ。

 

美味かったけど、事前に期待していた程ではなかったな。

やはり、生の海鮮は日本に勝てる国は無い。

 

夕飯はみんなで相談して「海鮮チゲ」にすることにした。

p1670311

サーモン・タコ・貝・野菜等、市場で新鮮な食材を買い込む。

p1670315

宿に帰り、みんなで手分けして調理。

そして出来上がったのがこちらの海鮮チゲ!!

p1670430

ちょっと暗かったのであまり上手く写真が撮れなかったが、これはもう半端ない。

海鮮チゲ半端ないって。

 

大迫か海鮮チゲかってくらい半端ない。

チロエ島の海鮮は鍋にするのがうまし!!

 

■ 4月18日(金) 〜Team Asia解散!〜

フェリーが遅れた為に、チロエ島には1泊のみ。

20日の便に乗る為に、今日はサンティアゴを目指す。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-04-30-10-50-58

約1週間共に旅したヒューちゃん・ミランちゃんとはここでお別れ(※さとみん撮影)。

p1670448

短い時間だったけど、共にいろんな事を共有出来て本当に楽しかった。ありがとう!

 

Team Asiaの中に国境線は無かった。

こういう時間が本当に大切だと、改めて実感したよ。

 

さて、12時半カストロ発のバスに乗り、3時間半でプエルトモンに到着。6,200ペソ(約$11)

夜行バスのチケットを買い、夜19時半にサンティアゴへ向けて出発。10,000ペソ(約$18)

img_8882

カストロでは「たこ焼き 世界一周」のまっつんと出会い、一緒にサンティアゴ、そしてイースター島へ。

p1670416

サンティアゴ行きのバスの中。ビールを買い込み、早くもパーリィ。

img_8884

新たなメンバーが加わり、どんなイースターの旅になるのか。

楽しみ楽しみ!!

 

次回はそんなイースター島の記事をお届けします!

それでは、パラグアイにいってきま〜〜〜す!!

 

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。