不法滞在で罰金を払わない為に 〜パラグアイ・ブラジル・アルゼンチン国境情報〜

Now I’m in:Macapá, Brazil

Visited:141Cities , 33Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3→Argentina3→Uruguay→Argentina4→Paraguay→Argentina5

→ Brazil (NEW!!)

*************************************************

 

今回はパラグアイ・ブラジル・アルゼンチン3国の国境情報をまとめておきます。

と言っても、シウダーデルエステ・フォスドイグアス・プエルトイグアスの3都市に関する情報ですので。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-05-21-21-56-49

3国はこんな感じで国境を接してるんですよ。

 

【 Ciudad del Este / Foz do Iguacu / Puerto Iguazú 情報 】

■ Hostal:宿

僕はアルゼンチンのプエルトイグアスに滞在したので、宿情報はプエルトイグアスのみです。

Hostel Sweet Hostel

p1710489

ドミ1泊70アルゼンチンペソ(約$6.5)・WiFiフリー・朝食付・バストイレ共同・ホットシャワー・キッチン有・バスターミナルからは徒歩3分!

Hostelworldで見つけて、予約無しで行きました。地図はHostelworld記載の場所と異なるので注意!!

 

Sweet Hostel はAv. CórdobaからEl Mensú 通りに入ってすぐの場所にあります。

バスターミナルを出て、Av. Córdobaを北に向かうと、ブラジル領事館近くに宿の看板があります。

他には、宿の近くにピーターパンという名前の宿もあるので、目印になります。

 

■ Transporte:移動

◎ イグアス移住地(Km41地点)→ シウダー・デル・エステ(以下CDE)

幹線道路で捕まえたバスで15,000グアラニー(約$3.5)・所要40分。

img_9009

↑これはシウダーデルエステで降りた時の写真。こんな感じのローカルバスです。

 

イグアス移住地にはバスターミナルは無いので、来る時に降りたバス停で待つ。

途中停車してくれるバスは、バス停で停まってくれるので、それに乗り込む。

僕は13時半にバス停に行き、15分程でバスが来た。料金はバスによって違う可能性がある。

 

CDEからアルゼンチンのプエルト・イグアスに行くには、必ずブラジルのフォズ・ド・イグアスを通る必要があるので、以下その順番に移動方法を記載する。

 

◎ CDE(パラグアイ)→ Foz do Iguacu:フォス・ド・イグアス(ブラジル)

移動手段:徒歩・所要30分

 

CDEで宿泊せずにブラジルへ抜ける場合は、CDEのセントロで降ろしてもらうと良い。

その際、イミグレに行きたい旨伝えておくと、一番近い場所で降ろしてくれる。

セントロのエリアからイミグレは徒歩10分程。歩いて十分行ける。

 

CDEのバスターミナルで降りた場合は、徒歩ではかなり遠いので、ブラジル行きまたはアルゼンチン行きの国際短距離バスに乗るのが良い。(料金は25アルゼンチンペソ・グアラニーでの料金は不明)。

だが、この国際短距離バスはあまりオススメしないので、出来ればセントロで降りよう。理由は以下で。

 

イミグレに到着すると、先ずはパラグアイの出国。

p1700619

パラグアイ人・ブラジル人・アルゼンチン人はイミグレを通る必要が無く、みな通り過ぎてしまうのでイミグレに行くのを忘れない様に。実はこれが僕ら外国人にとってやっかいで、めんどくさい。

 

例えばCDEのバスターミナルから国際短距離バスでブラジルやアルゼンチンへ行く場合、出国の為に一度パラグアイのイミグレで降りなければならない。しかし3国の国民は通る必要がないので、基本的にバスはイミグレで停まらない。予めイミグレで降りたいと言わなければ、通過してしまう。そしてイミグレで降りると、このバスは僕らを待つ事無く行ってしまう。

 

この国際バスは数社が同じ料金で交互に運行しているのだが、A社のバスでイミグレまで来たら、次にA社のバスが来るまで2時間程待たなければならない。もしイミグレでB 社のバスに乗ろうとした場合、同じ料金を再度払う必要がある。

 

なので、金が腐るほどあるなら話は別だが、節約型のバックパッカー諸君なら、最初からCDEのセントロでバスを降り、ブラジルまで歩きましょう。2時間もバスを待つなら、歩いた方が圧倒的に早いです。僕は歩きました。

 

パラグアイのイミグレ通過後は歩いて橋を渡れば徒歩10分でブラジルのイミグレに到着します。

p1700271

この巨大なブラジルの国旗の下がイミグレです。

p1700261

 

◎ フォス・ド・イグアス(ブラジル)→ Puerto Iguazú:プエルト・イグアス(アルゼンチン)

ブラジルのイミグレを通過後は、イミグレ近くからアルゼンチン行きの国際短距離バスが出ている。

img_9010

この国際バスは、パラグアイから出ているバスとは別で、ブラジル〜アルゼンチン間を往復しているバス。

料金は4レアル(約185円)または15アルゼンチンペソ(140円)

 

バスはプエルト・イグアスのバスターミナルまで行くのだが、これもまためんどくさい。

今度はブラジル出国の際のイミグレで先ほどと同じ状況になる。

img_90131

このバスもイミグレで降りると先に行ってしまう。ここはもう避けようが無いので諦めて下さい。

降りる際に、車掌から「小さな紙」を渡されるので貰い忘れない様に。次のバスでこの紙を見せれば支払わずに乗れます。が、先ほどと同様、同じバス会社でないと、ダメです。

 

僕が1回目に通過した時は、真っ先に降りてイミグレへ行き、手続きが済んだらダッシュでバス停に戻ってまた同じバスに乗れました。他の旅行者がもたついてたので、ラッキーでした。

が、2回目の時は乗客も少なく、僕が降りるとすぐに行ってしまい、結局次のバスが来るまで1時間待ちました。まぁ1時間あれば次のアルゼンチン側のイミグレまでは歩いて行けますが、ちょっと距離があるので僕は待ちました。。

 

どのバスに乗って来ても、アルゼンチン側のイミグレでは「必ず乗客全員が手続きをする」ので、ここは特に問題無しです。

p1700255

バスも待っててくれるので、再度バスに乗り込んで、バスターミナルへ。

 

全部のイミグレでちゃんと手続きをすると、この周辺を観光するだけでパスポートに押されるスタンプがえらい事になります。僕は3日間かけてこの周辺をうろつきましたが、とんでもない事になりました。

スタンプラリーかよって感じです。

 

◎ Puerto Iguazú:プエルト・イグアス(アルゼンチン) → Sao Paulo:サンパウロ(ブラジル)

この3国の国境近辺からブラジルのサンパウロやリオデジャネイロに行く場合、

裏技があります!!!

 

それは、

①「アルゼンチンのプエルト・イグアスのバスターミナル」で、

②「シウダーデルエステ発サンパウロ行き(あるいはリオデジャネイロ行き)」のバスを、

③「アルゼンチンペソで買う」と、かなり安くなります。

p1710507

もちろんアルゼンチンペソで買うので、その時々の闇両替レート次第ですが。

参考までに、プエルト・イグアス発サンパウロ行きの場合の料金は904AP(闇後で約$85)だったのに対し、CDE 発にすると515AP(闇後で約$50)となりました。

リオデジャネイロ行きも、料金は忘れましたがかなり安くなります。

CDE発にするだけで約$35も節約出来るので、これはオススメですよ!

 

プエルト・イグアスからCDEのバスターミナル行きのバスは毎時出てます。料金は25AP

img_9016

この場合バスは「アルゼンチン出国は停車・ブラジル入出国スルー・パラグアイ入国スルー」です。

ブラジルの入出国はスルーで問題ないのですが、パラグアイの入国時は必ず運転手に言ってイミグレで降ろしてもらい、入国スタンプを貰いましょう!! 僕はこれで失敗しました。。

 

ここで入国スタンプを貰っておかないと、後で罰金を払うことになります!!

 

どういう事かと言うと、CDEから乗車するバスは国際長距離バスです。

この長距離バスの場合、短距離バスと違ってイミグレでちゃんと停まるんですよ。

しかも、乗務員は乗客の名簿を持っています。

 

CDEを出たバスはまずパラグアイのイミグレで停まり、全員が出国手続きをします。

その際、名簿と照らし合わせるので「イミグレを通過しない」という事が出来なくなります。

まぁ簡単に言うと、パラグアイ入国のスタンプをもらってない事がバレる訳です。

 

そうなると、お前入国スタンプ無いじゃねぇかゴルァとなり、不法滞在してんじゃんぇよボケぇとなって、罰金払えや、となります。

 

罰金はUS$50

 

僕はパラグアイ入国の際に「どうせ出国時もバスは停まらないんだからスタンプ貰わなくても良いだろう」と思って、イミグレで降りずにそのままバスターミナルに行ってしまったのです。そしたら出国でバスは停まるし、車内でこっそり待ってたら、名簿持ったバスの乗務員が来て、問題になるからイミグレに行ってくれって言われるし。。

 

「スペイン語わかりまちぇん。何言ってるの??」作戦は全く通用しませんでした。

ビクともしませんでした。

 

僕は精神的にペチャってなりました。

世界一周は世界規模のスタンプラリーでした、実は。

 

わずか数時間のパラグアイ不法滞在でUS$50は痛い・・・(涙)

まぁ自業自得ではありますが。

 

Ryosuke Oka

広告

One comment

  1. […] バスの裏技やイミグレでの注意事項はこちらの記事をご覧下さいませ。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。