サンパウロでGYUDON♩

Now I’m in:Santa Elena de Uairen, Venezuela

Visited:147Cities , 37Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3→Argentina3→Uruguay→Argentina4→Paraguay→Argentina5→Brazil

→ Guyana  Française (NEW!!) → Suriname (NEW!!)→ Guyana (NEW!!) →Brazil2

→ Venezuela (NEW!!)

*************************************************

 

今日から記事はブラジル編!!  ついにやってきましたよ!!

もう6月に入り、W杯もすぐそこ!

世界中からたくさんのサッカーファンが押し寄せてくる時期ですねぇ。

 

日本にいる僕の友達もたくさん見に来るみたいで、「現地で会える〜?」ってみんな連絡くれましたよ。

そういうのホント嬉しいです。

日本はどこまで行けますかね〜? ベスト16は行って欲しいね!!

 

さて、パラグアイのシウダーデルエステから夜行バスでサンパウロへ。

screen-shot-2014-05-31-at-0-18-50

何時間かかったっけ? あーもう記事が溜まってくると、いろいろ忘れてくる。たしか16時間くらい。

値段は515ペソ(闇後で約$50)です。

バスの裏技やイミグレでの注意事項はこちらの記事をご覧下さいませ。

 

サンパウロのバスターミナルに到着。

p1710514

まずは現地通貨の調達。ターミナル内のATMはスキミングの被害が多いという噂もあり、両替所へ行く事にした。とりあえず宿までの移動費として$10を両替しようと思って尋ねると、なんと手数料$5も取られると言う。それでは手元には$5分のレアルしか残らない。

なんか、高いなぁ。

ということで前言撤回し、ATMでガッツリ降ろす事にした。みんな普通にATM使ってるので、大丈夫だろう。

 

無事に現地通貨レアルを手に入れ、バスターミナル直結の地下鉄で宿ヘと向かう。

今回の目的地はFaria Lima駅。地下鉄は一律3レアル(約140円)

何処まで行っても3レアルなので、これは安い!! と思う事にする。

 

そしてこちらが目的地のFaria Lima駅。

img_9025

うーん。さすがブラジル! さすがサンパウロ!

 

宿は事前にHostelworldで予約しておいた「Hey Hostel」。

p1710687

駅から徒歩5分の立地で、1泊25レアル(約$11)と良心的な値段!!

宿も凄く綺麗で、コストパフォーマンスは最高!!

そしてここでもアルゼンチンやパラグアイで出会った旅人と再会。多国籍な宿だったが、日本人にも人気とは知らなかった。まぁこのコストパフォーマンスの良さなら確かにみんな来るよね。

 

宿に荷物を置き、到着した日(火曜日)はサンパウロ美術館が無料開放される日だったので、さっそくみんなで行く事に・・・の前に腹ごしらえ!!

実はこのHey Hostel のすぐ近く、というか、Faria Lima駅の目の前にはなんと!!!

p1710519

すき家!!!

p1710521

日本ではいろいろと問題?になっている様ですが、こちらサンパウロのすき家はどうなんだろうか?

早速入ってみましょう!!

 

店内に入ると、カタコトの日本語で「いらっしゃいませ〜〜」と言ってくれる。

日本国内でもすき家に限らずコンビニなど外国人を採用している店は多いが、それと同じ様な雰囲気だ。ここがブラジルである事を一瞬忘れそうになる。

いやしかし、壁に掛けられたメニューを見るとやっぱりここはブラジルだ。

p1710522

旅に出て、基本的には日本食を一切食べないのだが、パラグアイで日本食を食べて以来、改めて日本食の美味しさに気付き、気にしなくなった。というかむしろ「日本食」が外国ではどうなっているのか、すこし興味が涌いた。そして結果的には、物価の高いブラジルにおいて、このすき家が安くて美味い救世主的な存在となるのだった。

 

こちらはレジカウンター。

p1710527

僕らは昼少し前の空いている時間帯に入ったのだが、直ぐに混み始め、ブラジルすき家、大盛況!

ブラジル人もわかってるんですよ。すき家が安くてうめーって。

で、注文したのはGYUDON – P:牛丼の一番小さいの。これでお値段5.9レアル(約270円)

p1710531

サイズのPってのは多分スペイン語で言うペケーニョのPでしょう。ポルトガル語でもペケーニョなのかな?

レジでは日本語は通じないが、メニューは日本語名なので、何とか大丈夫。

ショウガも「ショウガ」で通じた。

 

味は申し分無し!! めちゃ美味い!!

でも小さいサイズなので、ちょっと量が少なかったなぁ。

あと5杯は食べれるね。 ちょっと少ないどころじゃねーなそりゃ。

 

ちなみに一緒に食べてるEさんは、ここのすき家2回目。

注文したのはご飯単品と牛皿。

 

ご飯単品は3レアル。

牛皿は2.5レアル

合計5.5レアル(約250円)

 

たまたま単品で注文出来る事に気付いたEさんが挑戦してみた所、量は僕の注文した牛丼Pよりも多いではないか!! 普通に牛丼頼むよりも安くて量が多いって、なんだこの値段設定は。

いや、ありがとうございます、すき家さん。

 

結局サンパウロ滞在中毎日すき家に行った僕は、毎回この戦法を使わせて頂きました。

せっかくなので、試しに「つゆだく」が出来ないものかと思って聞いてみたら、さすがに「つゆだく」という日本語は現地スタッフには通じず、試しにスペイン語で伝えてみるも、やはり通じず。

ポルトガル語が出来ないので、どう伝えようかと思案していると、奥から日本語の出来る日系人スタッフを連れて来てくれて、つゆだく出来ました!!^^

 

牛皿を注文してつゆだくにしたら、なぜが牛皿自体が大盛りになるという摩訶不思議な現象が起きて大喜び。

すき家さん、まじ助かります。あざっす。

 

それから、この店には日系人や駐在員だろうか、日本人系の顔立ちの人もちょくちょく訪れており、困っていると「大丈夫ですか?」と声を掛けてくれる。

みんなとても優しい。

 

なんか、すき家ネタが長くなってしまったが、腹ごしらえの後は、美術館!!

場所はサンパウロの大ビジネス街「Av. Paulista:パウリスタ通り」。

p1710547

数キロに渡って続くこの大通りの両側には高層ビルがズラリと立ち並び、日本を始め世界中の外資系企業がオフィスを構えている。

サンパウロ美術館の近くには三菱東京UFJ銀行のオフィスもあった。

p1710555

p1710556

サンパウロを歩いていると、白人系・黒人系やアジア系など様々な人種がミックスされた国だという事がよくわかる。突然知らない人にポルトガル語で声を掛けられることもしばしば。道を尋ねられているのだろうが、ポルトガル語がわからないと伝えると、「あぁごめん」と笑ってまた他の人に尋ねる。

多様な人種がいる事が当たり前なブラジル人にとって、僕が何人なのかなんて特に気にならないのだろう。

これまでチーノと言われ続けて来た・・・程ではないが、まぁ事あるごとに言われて来た身にとって、国籍なんか気にしない、当たり前の様にポルトガル語で話しかけてくるこのブラジルが、なんだか居心地の良い場所に思えた。

 

そしてサンパウロ美術館

p1710533

ちょうど無料開放の火曜日に来れるなんて、ナイスタイミング!!

館内は撮影禁止なので写真は無いが、ここの美術館にはレンブラント・ラファエロ・ゴッホ・セザンヌ・モネ・ルノワール・ゴーギャン・ピカソ等々、そうそうたるメンバーの絵がコレクションされている。

こんな美術館にタダで入れるなんて、なかなか無いだろう。

 

僕は美術館に行くのは凄く好きで、作者が有名だろうが無名だろうが、そこは実はどうでも良い。

彼らには僕に無い感覚・発想・センスを持っている。そんな彼らの作品を見る事は少なからず刺激になる。

これはホントに行って良かった。

 

そして次に向かった先は、東洋人街リベルタージ。

それはまた、次回。

Ryosuke Oka

広告

2件のコメント

  1. ちょーcity!
    ダリが好きやに。あのセンスがすごいんさぁ。

    1. サンパウロはマジで大都会だよ〜!
      ダリね。スペインに行ったらいろいろと観てみたい!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。