ロライマトレッキング1日目

Now I’m in:Santiago, Chile

Visited:148Cities , 37Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3→Argentina3→Uruguay→Argentina4→Paraguay→Argentina5→Brazil

Guyana  FrançaiseSurinameGuyana→Brazil2→Venezuela (NEW!!)→Brazi3→Peru2→Chile3

*************************************************

 

今日から5回に渡ってロライマトレッキング編をお送り致します。

5回かぁ。ちょっと長いか?

 

ロライマ山とは、ベネズエラ南部に広がる「Parque Nacional Canaima:カナイマ国立公園」内にある1つの山。カナイマ国立公園は1994年に世界遺産に登録。この公園を含めたブラジル北部・ギアナ3国・ベネズエラ南部にまたがる広い一帯を「ギアナ高地」と呼びます。

Screen Shot 2014-06-27 at 10.01.52

このギアナ高地には大小様々なテーブルマウンテン(先住民の言葉でテプイ)があり、今回登ったロライマ山もその1つ。ベネズエラ・ブラジル・ガイアナの3国にまたがる大きな山で、標高は約2800mあります。

ちなみにこのベネズエラの国立公園内には他にもエンジェルフォールという有名な滝もあります。

 

今回は「Posada Michelle」にて申込。(写真はBackpacker Tour ですが)

p1730331

ベーシックなトレッキングは5泊6日なのですが、トレッキング後、W杯観戦の為にブラジルに戻らなければならないメンバーがいたので、僕らの日程は4泊5日。同じ行程を1日少ない日数で歩くので、体への負担はかなり違います。結構キツかったですねぇ。

 

ここでメンバー紹介:上の写真左からフォン(香港)・カーティヤ(フィンランド)・アスコ(エストニア)・ヒューベルト(香港)・写真には写ってませんが、カリーナ(ブラジル)・そして僕(日本)の6人に加えて、ガイドのタイロン(ガイアナ)の合計7人です。

 

出発当日、小雨のぱらつく中、ジープでトレッキングのスタート地点まで向かいます。

p1730332

車内では缶ビールが配られ、みんなで乾杯!

p1730334

が・・・この後、運転が荒すぎて酔いました。 ゲロロ。

スタート地点の村に到着。

p1730340

出発前に昼食。(ちなみにピンクの彼女がカリーナ)

p1730346

食事は毎回ガイドとポーターが作ってくれます。

p1730347

 

小雨が降っていましたが、出発する頃には晴れ間が。

p1730348

 

そして出発!! ここから4泊5日のトレッキングが始まります!!

p1730350

レッツごぉ〜〜!

 

今日のキャンプサイトまでは約4時間。

p1730352

p1730359

p1730360

 

エストニア人とは初めて知り合いましたね。アスコは本当にイケメン。写真も絵になる。

p1730362

そしてアスコとカーティヤはカップル。国際恋愛中の2人は共通語がスウェーデン語。

p1730367

英語も流暢に話す2人はこのツアーのムードメーカー的な存在。

 

こちらはガイドのタイロン。

p1730366

ガイアナ出身の彼は、仕事を求めてベネズエラへ。今回で17回目のロライマトレッキングだと言う彼はかなりのタフガイ。料理も上手で、頼もしいガイドです。

 

みんなの荷物。

p1730369

ツアー参加者は最小限の荷物だけ持ち、食料やテントは全てガイドとポーターが運んでくれます。

 

目の前にはロライマ山(右)とクカナン山(左)が・・・ちょこっと見えて来ました。

p1730374

↓ こちらはクカナン。テーブルマウンテンという名前の通り、山頂は真っ平ら。

p1730379

縦に流れる白い筋は滝です。条件が整うと、この滝に太陽が当たり、滝が虹色に輝くとか。

今回は見れませんでした。残念。

 

前方にそびえるテーブルマウンテンには常に雲がかかっており

p1730381

全体像の掴めないまま、1日目のトレッキングは続きます。

p1730389

 

途中では、川を渡ります。1本目の川、Rio Tek 。

p1730390

川を渡る際には、靴を脱ぎ、靴下を履いたまま歩くと、滑らなくて安全です。

p1730399

 

こちら、1日目のキャンプサイト付近。

p1730402

厚い雲の中にはロライマ山がそびえていますが・・・何も見えず。

うっすらと見えるのは、クカナン山。

p1730404

 

ここで2つめの川を渡ります。Rio Kukenan 。

p1730407

p1730434

ここは川幅が少し広く、水量も多いので、カヌーで渡ります。

p1730416

川を渡った先が、今日のキャンプサイト。

p1730441

夕方5時頃に到着し、みんなでテント設営。

ガイドのタイロンとポーターが夕飯を作ってくれます。

img_9416

ミートソースパスタ。 美味しかったぁ!!

量もガッツリあって、お腹いっぱい!!

 

電気は無いので、日の入りと共に、周囲は真っ暗。すると、周囲で小さな光が点滅し始めます。

最初は目がチカチカしているだけかと思っていたのですが、よくよく見てみると、大量のホタル!!

p1730445

写真は上手く撮れませんでしたが・・・

久しぶりにホタルが見れて「あぁ自分は今大自然の中にいるんだなぁ」としみじみ。

 

夜は寒いので、アジアの男3人組は1つのテントで就寝。

あーした天気にな〜ぁれっ!!

 

**********************************************************************************************

Santa Elena de Uairén:サンタエレナ情報 】

■ Tour:ツアー

① Backpacker Tours

料金13,500Bf(闇後約$210〜$220)。寝袋・マットをレンタルの場合は追加で700Bf 。

 

② Posada Michelle

料金12,800Bf(闇後約$200〜210)。寝袋・マット込みの値段。

 

※ ①と②は宿が隣り合っている。出発日が異なるので、両者で話を聞いて、都合の良い方で申し込むと良い。尚、日程が4泊でも5泊でも料金は変わらない。

 

Ryosuke Oka

広告

16件のコメント

  1. こんにちは、 ゆかといます ^^
    素敵な写真ばっかりですね!!!
    ベネズエラのこの記事を書かれたのは2014年6月28日のようですが、実際にベネズエラに行かれたのは、2014年の何月ですか?

    1. こんにちは^^ 読んで頂いてありがとうございます!
      ベネズエラは5月29日〜6月17日まで約3週間いましたよ。
      ロライマトレッキングは6月6日〜10日で行ってきました!

  2. ありがとうございます!!
    2014年の3月から為替制度が変わったと聞いたのですが、今年6月の時点では闇両替は普通にできたのですね ^^
    11月にロライマとエンジェルホールに行く予定です。いくつか質問していいですか?

    ①Backpacker TourとPosada Michellwのツアーの出発日が異なる とのことですが、毎日交互に開催されてるのでしょうか?サンタエレナに5月29日INで6月6日にツアー参加されてるようなので、6日までツアーの開催がなかったということでしょうか?

    ②Backpacker TourとPosada Michellwの連絡先ご存知ですか?できれば、メールで予約をしたいと思っています。

    ③Backpacker TourとPosada Michellwで闇両替してくれるのでしょうか?
     みなさん普通に今、公式レートはこれぐらいで闇はこれくらいだよ~って教えてくれるものですか?

    よろしくお願いします ^^
    ブログ宿情報などあって大変助かります^^

    1. 闇両替は路上で普通に出来ますよ! 目の前にポリスがいてもおかまい無しでやってます。

      ① ツアーは毎日はやってないです。6月6日の前にもツアーはありましたが、僕はエンジェルフォールに行った友達が帰ってくるのを待ってたので、6日発になりました。ツアーはそれぞれの宿が抱えてるガイドの数と、その時のツアー参加者の集まり具合次第って感じです。僕が行った時期は閑散期だったので、どちらのツアー会社もガイドの数が少なく、大体1週間に1回、前のツアーが帰ってきたら次のツアーが出発って感じでした。繁忙期(10くらいから?)だともっと頻繁にツアーが組まれてるかもしれませんね。

      ②連絡先はわかりません・・・すいません。。 最新版の歩き方に載ってないですかね??

      ③僕は路上で両替したのでわかりませんが、ツアー代金の支払いの事でしたらその日の闇レートで換算したUSDで支払う事も可能です。公式レートはネットでチェック出来ますし、闇レートは毎日変動するので路上の両替商に今日はいくら?って聞けば教えてくれますよ。

      以上いかがでしょうか? 他に何かあれば、何でも聞いてください!

  3. ありがとうございます!!!

    路上で普通にしてくれるんですね!!
    あと、ツアーの方もちゃんと、その日の闇レートで換算してくれるのですねっ笑
    それは助かります ^^

    宿提携?のツアーなので、宿が地球の歩き方にのっているかもですね!!
    すみません、それは頭にありませんでした!!
    ありがとうございます^^

    あと、怖いのは検問なのですが、被害にあった人にもあったと書いてらっしゃいましたけど、パンツひとつにさせられて賄賂を渡す という被害が多いのでしょうか?
    パンツひとつは男性がされやすいと思うのですが、女性の検問官もいるものですか?
    女性はよくブラジャーの中にお金をかくすと聞きますが、ある程度、検問する側もどの変にお金を隠しているかわかっているような気がして。。。
    (すみません、こんな質問して。。)

    よろしくお願いします!

    1. 検問についてですが、僕はブラジルのボアビスタとベネズエラのサンタエレナ間の往復しかしてないので、検問は無かったんです。
      このルートは多くの旅行者が利用していて、比較的安全なルートです!
      が、例えばカラカスに空路で入った人や、ベネズエラ国内をバスで移動した人等は検問でいろいろあるみたいです。
      パンツ1枚にされた人は、カラカスの空港でやられたと言ってました。さすがに女性にはそこまでやらないと思いますが(苦笑)

      女性がブラの中に隠すと言うのは僕もよく聞きます。
      基本的に大抵の隠し場所はバレていると僕も思っているので、完全に運次第かと思ってます。
      ブラジルから入ってコロンビアに陸路で抜けたけど何も無かった友達もいますし。
      あと、サンタエレナでエンジェルフォールのツアーに申し込む場合は、ツアーバスで移動するので検問がパス出来るという話を聞きました(本当かどうかは不明ですが)。その辺も検討してみて下さい!

  4. ありがとうございました!!!!
    カラカス空港から入るので、ほんと、心配です。。。
    また、質問させてもらうこともあるかもしれません、その時はよろしくお願いします ^^

  5. 初めまして。私も11月からロライマ・エンジェルフォールに行きます。
    ひとり旅なのでいろいろ心配で検索していたところこちらのページに辿り着きました。
    写真もたくさんあり大変参考になります。だんだんイメージがわいてきました。
    同じく心配なのが長距離バスです。プエルトオルダスからサンタエレナの予定です。
    水も川の水そのまま飲んで大丈夫でしたか?あまりお腹強くないので・・・

    これからじっくり他の国も読ませてもらいますね。

    1. 初めまして!エンジェルフォールに行かれるんですね!!
      僕は今回は行かなかったので、とてもうらやましいです!><
      ロライマトレツキングの際に飲んだ川の水は、ガイドに飲んで大丈夫と言われた場所に関しては大丈夫でしたよ!

  6. はじめまして。楽しく拝見させていただいてます。
    私も来月ベネズエラへ行きます。ロライマとエンジェルフォールです。情報が少ないのでこちらの情報大変参考に
    なります。
    やはり今いちばん心配なのが夜行バスです。
    それからお水。川の水そのまま飲んで大丈夫でしたか??

    1. 水は先ほどコメントしましたが、ガイドが大丈夫だという場所の水に関しては飲めましたよ!
      心配でしたら、街で水を購入していくといいかもしれませんね!
      食事の際は川の水を使いますが、火を通すので大丈夫です!

      夜行バスに関しては、僕はベネズエラでは乗ってないのではっきりとしたことはわかりませんが、話を聞く限りでは、途中に何箇所も検問があり、手荷物チェックがあるようです。
      その際には、ご自身の手荷物には十分気をつけてください。油断しているすきにお金や貴重品等を軍人や警官に盗まれることもあるみたいですので・・・。

      1. 返信ありがとうございます!
        (スイマセン。いまいちシステムがわからず間違えて同じ内容を2回送ってしまいました・・・)

        お水の件安心しました。念の為、飲み水の衛生剤なるものを買ってみましたが
        大丈夫そうですね。
        検問コワいですね・・。極力気をつけます。

        それから、ロライマ登山道は足場悪いですか?
        ハイキングシューズで行くか、ガッチリ登山靴で行くか悩み中。写真だと軽めのシューズっぽいですが

        あとはプリプリ対策ですね(笑)

      2. コメントの件は大丈夫ですよ!笑
        むしろ沢山コメントいただけて嬉しいです!!^^

        水の件は、現地のスーパーでミネラルウォータが売ってますので、あまり心配はいらないかと思いますが、念のために下痢止めを持っていくといいと思います!
        水だけでなく、食事でお腹を壊すパターンもありますし、トレッキング中に体調を崩した場合、「下山は全員で」となるので、他の人にも迷惑がかかってしまいますし・・・まぁ下痢くらいなら大丈夫かもしれませんが。。

        登山道に関しては、足場は悪いですし、一部危険な場所もあります!!
        スタートして1〜2日は比較的平坦で歩きやすい場所なのですが、それ以降本格的に山にアタックする際は、岩場はもちろんほぼ垂直な崖を登ったり(一応足場はあります)、ブログの記事にも書きました滝の下を通ったりします。足場が岩でかつ濡れているところもたくさんあるので、滑って転倒する危険性もあります。

        ですので、基本的には足首を守れるようなしっかりしたトレッキングシューズで行かれるのが一番かとおもいます。
        僕はランニングシューズで行きましたが、下山して帰ってきたときにはボロボロになってました。。(涙)

        プリプリ対策については、正直難しいです笑
        強敵すぎます。一番の対策は「諦めること」かもしれません・・・笑

  7. 思わず笑ってしまいました。プリプリ対策「諦めること」
    ですね~、それくらいの気持ちで行かないと。
    私も刺されまくってきます(笑)

    そうなんですね、体調崩したら全員下山!それは気をつけないと。下痢止めストッパー買ったのでいざとなったらそれで凌ぎます。

    シューズのアドバイス大変助かります。
    重いのイヤなので軽い靴で行こうと思ってましたが、しっかりした登山靴にします。

    今は不安半分、期待半分ってとこですが、楽しんで行ってきます。
    素早い返答、的確なアドバイスありがとうございました!!! ほんとに参考になりました。

  8. 思わず笑ってしまいました、プリプリ対策「諦めること」
    ですね~、それくらいの気持ちで行かないと。私も刺されまくってきます(笑)

    そうなんですね。体調崩したら全員下山!それは気をつけないと。
    下痢止めストッパー買ったので、いざとなったらそれで凌ぎます。

    シューズのアドバイス大変助かります。
    重いのイヤなので軽い靴で行こうと思っていましたが、しっかりした登山靴で行きます。

    今は不安半分・期待半分ってとこですが、楽しんで行ってきます。
    素早い返答、的確なアドバイスありがとうございました!!!
    ほんとに参考になりました。

    1. プリプリに襲われたというのも、ロライマの醍醐味ですので、ぜひ刺されまくってきて、日本に帰国した際の武勇伝の一つにしてください!
      安全第一で、楽しんできてくださいね!!

      また何かありましたら、なんでも聞いてください!^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。