ロライマトレッキング3日目

Now I’m in:Melbourne, Australia

Visited:149Cities , 38Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3→Argentina3→Uruguay→Argentina4→Paraguay→Argentina5→Brazil

Guyana  FrançaiseSurinameGuyana→Brazil2→Venezuela (NEW!!)→Brazi3→Peru2→Chile3

Australia(NEW!!)

*************************************************

 

日の出と共に目覚め、テントの外に出ると、これまでとは違い晴れ間が見えていた。

山の天気は変わり易い。晴れ間が見えるのも今のうちだろうと思い、ヒューちゃん・フォンと3人で朝食前に崖沿いまで行ってみる事にした。

 

この大きな岩の下に僕らのキャンプサイトがある。

p1730680

ロライマ山を含むギアナ高地の山は「テーブルマウンテン」と呼ばれる様に、山頂が平らになっている。

その面積は広く、ロライマはベネズエラ・ブラジル・ガイアナの3国にまたがる程にデカい。

p1730676

そんなロライマの山頂の岩場を進み、崖沿いへと向かうと、目の前には広大なグランサバナが広がっていた。

p1730668

昨日までは山頂からは何も見えなかったのだが、このトレッキングの山場である3日目に晴れるとは、やっぱり僕は持ってる男だ。岸壁にKISSしたのが良かったのかな?

なんかこの景色を見ていると、カンボジアで訪れた「プレアヴィヒア」を思い出す。

実はロライマは映画「ロストワールド」の舞台にもなった場所。今でもどこかに恐竜がいそうだ。

 

ロライマの山頂から見た、クカナン山とグランサバナ。

p1730675

雲の形が面白くて、結構好きな写真。

 

img_3244

(Photo by Hubert

 

ヒューちゃんの写真いいよねぇ。キャノンのフルサイズ、広角レンズで撮った写真。

景色の広がりが僕の写真とは全然違うもんね。あぁ買いたい。

来年の30歳の誕生日プレゼントとして、誰か前倒しで下さい。

 

さて、デカくて全体像のわかりにくいギアナ高地のテーブルマウンテンですが、ネットで検索すると上空写真が沢山出てきます。せっかくなので、ちょっと拝借して2枚程載せておきます。

Venezuela_Guyana_Brasil_mt_roraima02

Venezuela_Guyana_Brasil_mt_roraima01

僕は今、 この山の端っこに立っている訳です。

ちょっとは、すげー!!ってなりました??  頑張って登ったんですよー。

 

キャンプサイトに戻ると、既にタイロンが朝食の準備をしていた。

p1730684

今日の朝食はパンケーキ。

img_94221

朝食後、準備をしてロライマ山頂ツアー。

3日目の今日は、1日中この山頂を歩き回る。

 

早朝は晴れ間が見えていたが、出発する頃には厚い雲で覆われてしまった。

p1730719

途中途中でガイドのタイロンの説明を聞きながら、

p1730702

ツアーは進んで行きます。

 

img_6609

(Photo by Fung

 

ロライマには固有のカエルがいます。この子すんげーかわいいの。

p1730716

凄く小さくて、気をつけないと踏んでしまいそう。

img_66191

カエルを見つけると「カエルがいるよー」 と声を掛け合い、踏まない様に気をつけながら歩きます。

p1730726

 

img_6612

(Photo by Fung

 

植物も多様で、細かい部分に目を向けると、それもまた面白い。

p17306951

p17306981

p1730723

p17307331

 

そしてこちらが Fung:フォン(香港)

p1730710

ベネズエラでヒューちゃんと再会した際に初めて会い、トレッキング後も1週間一緒にベネズエラに残ってW杯観戦をしたフォン。ピザが好きな彼は、いつか自分のピザ屋を開くのが夢。常にウクレレを持ち歩き、テントの中ではウクレレ弾いてはみんなで合唱。そんなフォンの撮った写真も今回の記事で載せて行きます。

 

img_6595

(Photo by Fung

 

 

さて、話をツアーに戻しましょう。

山頂には、降り注いだ雨が流れて沢山の小川があります。

p1730754

水はとても綺麗なので、そのまま飲む事も出来ます。

そんな小川の上流へと進んで行くと、1本の滝が現れます。

p17307821

p17307951

p17307941

水量はちょうど良く、気温は当然寒く、そして水はクソ冷てぇ。

トレッキング中はシャワーなんて無いので、こりゃぁここで1発浴びるしかないでしょ!!

ってことで、キャーキャー言いながら、みんなで滝業してきました。

 

それでは、ご覧下さい。

p17308101

(Photo by Hubert

 

如何でしたか? 僕の恍惚とした表情。

色気がありすぎて、今回の記事は18禁ですね。

FBに「キショいいね」というボタンが欲しいくらいですね。

 

しかしねぇ、寒い中、クソ冷たい滝に打たれると、その後なんだか体がポカポカしてくるんですよ。

真冬の寒中水泳もそんな感じなのでしょうか?

p17307911

この滝でちょっと休憩。

 

その後は「Venta(スペイン語)/ Window(英語)」と呼ばれる崖沿いのビューポイントを巡ります。

ここは崖が2段階になっており、下に見える地面からは、雲で見えないけど更にもう一段落ちているとの事。

p1730837

p1730840

この記事の最初の方に載せたロライマの 上空写真 を見ると、イメージがわき易いかも。

それにしても、風邪が強くて、崖下を覗いてたらふらついて落ちてしまいそう。

僕は寝転がってこの写真撮りました。 あーこわ。

 

こちらは別のウィンドウ。

p1730835

雲が厚くて、なーんも見えません。

 

とりあえず、崖の先端に座ってみた。

img_6661

(Photo by Fung

 

10455770_10152186598507205_5745335796688897246_n

(Photo by Karina

 

これもねぇ、下が何も見えないから怖くないんだけど、見えたらヤバいだろうね。

 

さて、ウィンドウを巡った後は「ジャグジー」と呼ばれるプールへ!!

img_3313

(Photo by Hubert

 

天気はどんどん変わり、ちょうど僕らがジャグジーに着いた頃には晴れ間が。

タイミングバッチリなので、ここでも入って来ましたよ。

img_6679

(Photo by Fung

 

さっきは滝でシャワー浴びて、今度はこっちで水風呂に浸かって。そして寝床はテントで。

ホテル・ロライマには大満足ですよ。 あー冷てぇぜちくしょう。

 

img_6688

(Photo by Fung

 

水風呂ではしゃいだ後は、一度キャンプサイトへ戻って昼ご飯。昼と言ってももう15時くらいなんだけど。

p1730685

お昼はパスターーー!! これはめっちゃ美味かったぁ!!!

p17308541

 

昼食後は、ちょっと休憩して本日のクライマックスへ。

先ずは「クリスタル・バレー」と呼ばれる場所。

p17308731

ロライマの山頂には、長い年月を経て作られた天然のクリスタルがたーーくさんあります。

p17308871

かつてはこれを採取して売っていたそうですが、今では禁止され、もしツアー客等がこのクリスタルを持ち出すと、バレたら罰金$5,000 とかって言ってました(大きさによるそうですが)。

ひえーー。

 

このクリスタル・バレーを 抜け、最後に向かった先はロライマで最も高い場所。

p1730906

最高点から見たロライマ山頂の景色。

写真中央の岩場の付け根にオレンジ色の点があるのわかりますか。あれがキャンプサイト。

あぁいう岩場のキャンプサイトがいくつかあり、僕らもあんな感じの場所に寝泊まりしてます。

 

この山頂ですが、遭難する人もいるそうです。

最高点から見るとそんな感じはしませんが、下に降りて岩場を歩いていると、周囲がデッカい岩だらけで、どこも同じ様に見えるので、ガイドとはぐれると簡単に道に迷うんです。日本人の女の子が丸2日間山頂で遭難したって話も聞きました。

山頂がいかに複雑で広大であるかがわかりますね。

 

そしてついに本日のクライマックス!!

ロライマで最も高い場所から見た景色がこちら!!

p1730900

周囲は雲で覆われ、眼下にグランサバナを望む事は出来ませんでしたが、雲の間には綺麗な虹も見れて、これはこれでなんだが凄い景色!!

みんなで集合写真!!

img_3359

 

img_3354

(Photo by Hubert

 

img_3369

(Photo by Hubert

 

とうことで、ながぁーい3日目のツアーが終了。

1日を通してロライマのいろんな姿が見れたので、本当に楽しかった。

 

 

風に乗って周囲から流れてきた雲は、山頂と同じ高さでピタリと止まる。

1歩足を踏み出せばそのまま歩いて行けるんじゃないかと思うくらいに、眼前に迫り来る巨大な雲の固まり。

雲の切れ間からは虹が見え、周囲は次第にオレンジ色に染まって行く。

p1730904

そこには不思議な世界が広がっていた。

 

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。