メルボルン

Now I’m in:Tokyo, Japan

Visited:149Cities , 38Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3→Argentina3→Uruguay→Argentina4→Paraguay→Argentina5→Brazil

Guyana  FrançaiseSurinameGuyana→Brazil2→Venezuela→Brazi3→Peru2→Chile3

→ Australia(NEW!!)

*************************************************

 

サンティアゴで数泊し、南米大陸を離れる。

次の目的地は新大陸 Australia:オーストラリア

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2014-07-23-21-54-29

大学時代にニュージーランドに1ヶ月滞在して以来のオセアニア。

今回はメルボルンに住む妹に会いにきたので、他の都市には行っていない。

というか物価が恐ろしく高いので、世界一周の流れでオーストラリア国内の旅行というのは正直無理。。

 

さて、メルボルンはオーストラリア第2の大都市!

p1740983

金の発見によるゴールドラッシュで発展し、現首都キャンベラに遷都されるまでここが首都でした。そして、カナダのバンクーバーと並ぶ「世界で最も住み易い都市」の1つ。生活水準が高くて治安が良く、公用語が英語である事から、世界中から沢山の留学生が来ています。かく言う僕も、実は会社を辞めた後の選択肢の1つにメルボルンヘの留学が入ってました。

 

なので、到着してまず驚いたのが、アジア人の多さ!!

前も後ろも右も左も、斜め右も斜め左も、斜め右後ろも斜め左後ろも、アジア人だらけ。

特に中国・韓国、そして日本。メルボルン自体がもうアジアンタウンですよ完全に。

 

メルボルンの中心部はCity:シティと呼ばれ、端から端までは歩いて30分四方の小さなエリア。

p1750244

ご覧の様に、街中にはTram:トラムと呼ばれる路面電車が走っており、何処へでも手軽に移動出来ます。

p1750185

p1750106

空を見上げると、トラムの線が蜘蛛の巣の様に張り巡らされている。

p1750153

運転手が1人いるのみで、基本的にチェックする人がいない為、無賃乗車をしている人がほとんど。観察してみると、ちゃんとお金を払っているのはスーツを着たビジネスパーソンくらい。ちなみに僕は・・・笑

 

さて、メルボルンは近代的でとーーっても綺麗なんですが、僕自身は9ヶ月の中南米の旅を終えた直後とあって、とーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっても汚い! The 汚物!

会って早々、妹に乞食臭い!!と罵られた程ですからね。

服は破けて汚れてるし、靴はベネズエラのトレッキングで穴空いちゃったし、本気で街中を歩くのが恥ずかしい状態だったので、ここで装備を一新しちゃいましたー!!

 

今回お世話になったのがこちらの「H&M」!!

p1750177

えーーなにこれー!! メッチャ綺麗じゃん!! 以前は郵便局として使われていた建物だそうです。

p1750179

綺麗すぎて、乞食臭い僕は・・・入れませんでした!!

というのはまぁ冗談で、久しぶりのショッピングを思いっきり楽しんでしまった。。

ユニクロもあったんだけどねー。日本よりも値段高かったし、やっぱH&Mの方がいいかなぁ。

 

ちなみに靴はメルボルンにある靴屋を全部制覇したんじゃないかという勢いで毎日探しまくって、最終日にやっと「これだぁぁ!!」というのを1足見つけたので購入。

装備を一新して全身キレイキレイしたので、これでヨーロッパに突入してきます!!

 

さて、綺麗になった僕はアクティブに街を巡ってきましたよー!

メルボルンと言えば「Cafe の街」だってご存知ですか?

p1740940

バリスタを養成するコースもあって、世界中から勉強に来るそうです。そんなCafeの街メルボルンでは、あの世界的なコーヒーチェーン「スターバックス」でさえ苦戦を強いられる程、そのスタバ、先日読んだ記事によるとオーストラリアからの撤退が決まった様です。

オージーは昔からコーヒーの味を知っていると言う事なんでしょうね。似た様な話は、コーヒー大国ベトナムやコロンビアでも聞きましたよ。

 

こちら「Block 通り」。オサレなカフェが集まる通りです。

p1750031

p1750032

p1750035

こっちは何通りだったかなー。ここもカフェだらけ。メルボルン、カフェだらけ。

p1750053

選ぶのが大変なので、とりあえずもう入るしか無い!って感じ。

p1750197

僕はカフェに行くのが大好きなので、こっちに住んで、毎日カフェ通いしたいなーなんて本気で考えてました。お気に入りのカフェ見つけてのんびり本読んだり勉強したり、そういうのいいよねー。

 

こちらは「メルボルン大学」。そう、僕が行きたいなーと思っていた留学先の1つ。

p1750140

せっかくなので、どんな雰囲気なのか見てきましたが、凄く良い。

p1750120

落ち着いた雰囲気で、勉強に集中出来そうな感じ。どことなく僕の母校に似た雰囲気もあって、親近感。

p1750116

こちらの建物なんかは、立教大学とかにもある様な感じで、オシャレ。

p1750122

やっぱ学校見学っていいね。実際にこの目で見るってのは大事。

まぁ僕は旅を選択したのでここに留学する事は無いかと思いますが、またいつかチャンスがあればね。

 

最後に、メルボルンで僕が1番気に入った場所をご紹介。それがこちらの「ヴィクトリア州立図書館」。

p1750207

館内はなんと無料WiFiが飛んでるので終日人で溢れ、地元の学生が勉強している姿も見る事が出来ます。

p1750220

あるテーブをふと見ると、白人系・アジア系・そしてインド系の学生がディスカッションをしていたり、また別のテーブルでは中国系の学生達が中国語でディスカッションをしていたり。オーストラリアが移民の国、そしてメルボルンが学生の街である事がよくわかります。

 

図書館はとても広く、奥に進むとこんな部屋があったり、

p1750212

こんな部屋があったり。

p1750219

僕は毎日ここに来て、本を読んだり勉強したりしながら留学した気分を味わってました。

 

ということで、メルボルンでした! 5泊の滞在でしたが、いろいろ見れて楽しかった!

案内してくれた妹には感謝ですね。Thank you!

 

とりあえず、オーストラリア編はこの1回で終わり。

この後、日本に一時帰国し、現在は東京におります。

が、あと2日で再出発!!

 

それではまた次回!

 

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。