キリル文字が顔文字に見える件 〜ロシアあるある〜

Now I’m in:Moscow, Russia

Visited:153Cities 39Nations

Travel Route:Philippines→Thailand→Laos→Vietnam→Cambodia→Thailand2→India→Sri Lanka

→India2→Bhutan→India3→Nepal→India4→Bangladesh→India5→Thailand3→Myanmar→Thailand4

→Malaysia→Brunei→Malaysia2→Singapore→Indonesia→South Korea→Guatemala→Honduras

→El Salvador→Guatemala2→Belize→Mexico→Guatemala3→El Salvador2→Honduras2→Nicaragua

→Costa Rica→Panama→Colombia→ Ecuador→Peru→Bolivia→Chile→ Argentina→Chile2

→Argentina2→Chile3→Argentina3→Uruguay→Argentina4→Paraguay→Argentina5→Brazil

Guyana  FrançaiseSurinameGuyana→Brazil2→Venezuela→Brazi3→Peru2→Chile3→ Australia

→South Korea2→Russia (NEW!!)

*************************************************

 

やっとモスクワ着きましたぁ!

長かった〜〜!!!

 

今回の移動は7泊8日で約162時間!!

これまでの最長移動時間50時間(ブエノスアイレス→ウシュアイア)を大幅に更新しました。

と同時に、「最長シャワー浴びてない時間」も更新されました。

頭が痒すぎて発狂しそうです。

 

シベリア鉄道の模様はまた後ほど更新します!

 

 

さて、今日の記事はウラジオストク。

ここは清(中国)の領土であった沿海州一帯を1860年の北京条約によって獲得したロシア帝国が建設した都市。「東方を征服せよ」という意味の「ウラジオストク」と名付け、軍港として整備。以後現在に至るまで極東における重要な軍事拠点として機能しています。第2次世界大戦後、街は対外的に閉鎖され、1992年に全面開放されるまで外国人が立ち入る事は禁止されていました。

 

街自体の歴史が約150年と浅く、その為ウラジオストクには歴史的に有名な建造物というのが無いので、特にここ!という見所も無く、街歩き自体は半日もあれば十分な印象です。

それでも、中国との国境にも近いし、韓国からはフェリーで来れちゃうし、もちろん日本からも成田から2時間で来れちゃうので、この3カ国からの観光客(まぁ圧倒的に中国人ですが)は多いです。

 

そんなウラジオストクに着いて先ずやる事は宿探し! 事前に予約はしておいたのですが・・・

こちらが宿の入っている建物。

p1770420

この建物の3階の一角が宿なんですが、1階には入り口がたくさんあって、しかも宿の名前や案内が書いてないので、どれが正解かわからない・・・。

外から恐る恐る中を覗いてみたり、ちょっと離れて建物全体を眺めてみたり。人の出入りの激しい扉があったので覗いてみたら、花屋がずらりとならんだ商店街になってたり。結局わからなかったので、適当に入って中の人に正解を教えてもらいました。

 

やっと見つけた宿はまだ新しいのか、凄くキレイ!

p1770666

p1770126

受付ではロシア語以外全く通じないので、説明も「ここがトイレ・ここがシャワー・ここがお前のベッドだ」みたいな事を身振り手振りで説明されて終わり。

 

よく見ると、いろいろと注意書きが貼ってあるんですが・・・

p1770669

わ、わからねぇ。(; ・`д・´)

 

これとかさぁ

p1770672

え、捕まる?

何したら捕まるの? ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

今のところ、キーボードをぐちゃぐちゃに叩いた様にしか見えません。

ちなみに「Д 」← これ。これが何度見ても顔文字に見えて仕方が無い。

ロシア語では「D(デー)」と発音する様です。

 

このキリル文字、ロシア以外にも旧ソ連諸国では今でも使われている国があるので、最低限読める様に少しずつ覚えて行きます。。

 

 

ということで到着初日、いつも初日にやる事とと言えば、御当地ビールを飲むこと!

現地時間ではすでに夕方だったので、ビールを買いに街をプラプラ。

 

適当に見つけた商店で買ったロシアのビール!!

p1770130

宿に帰ってカシャカシャ写真撮って、さぁ飲もうと思ったその時!

 

「ソーリー、ノービール」

・・・(´・ω`・)エッ?

 

「ノービール」

・・・・・・(´・ω`・)エッ?

 

「ノービール」

・・・・・・・・・( ゚д゚)ポカーン

 

( ゚д゚)

 

 

(  Д ) ゚ ゚

 

・・・

 

いや、俺は飲んだよ。

こっそり部屋にもってって、夜中にベッドの上で飲んだよ。

 

 

しかしですねぇ、禁止している理由がわかる気もするんですよ。

僕は既に酒に酔ったロシア人達をフェリーの中で見てますからねぇ。

実は彼らはフェリーに乗る前、ターミナルで待っている時から飲んでたんですよ。酔っぱらって吐いてる人もいたし、ビール飲みながら出国手続きしようとして止められてる人もいたし。まぁみんな男性でしたが、ロシア人はやんちゃだなぁなんて思いながら見てました。

 

でこの宿、宿泊客のほとんどがロシア人。という事なんで禁止してるんだろうなぁと勝手に理解しましたが、本当のところはどうなんでしょうか!? もしや法律で禁止されてるとか、そういうことだったりして。

 

まぁいずれにせよ、僕は飲みましたがね。

 

続きは次回!

Ryosuke Oka

広告

2件のコメント

  1. なんてビール名やろ。飲んだから逮捕だなwww

    1. これは「アムール」って名前だよ。
      「АМУР」はキリル文字の発音で「Уがうー」「Рがエル」となるそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。