ヘルシンキ

Now I’m in:London, England

Visited:166Cities , 47Nations

Travel Route:Southeast Asia → South Asia → Central America → South America → Russia→Finland

Estonia (NEW!!)Latvia (NEW!!)Lithuania (NEW!!)Sweden (NEW!)Norway (NEW!)

Ireland (NEW!)Scotland (NEW!)England (NEW!)

*************************************************

 

どーも!

前回から始まった大好評のフィンランド編ですが、ここで悲しいお知らせです。

今日をもって終了です。

 

ヘルシンキで泊まった宿は、今までに無い新しいタイプの宿だったので、先ずは宿の紹介から!

こちらが今回泊まった宿です。

p1790925

うおっ! なんだこれは!?

実はこちら、1952年にヘルシンキで開催された夏季オリンピックのスタジアム。

このスタジアム内に今回の宿があるのです。

p1800280

隣りにはこんな大きなサッカースタジアムもありました。

p1790921

こちらが今回泊まったドミトリー。こんな部屋がいくつもあり、かなり大きな宿です。

p1790915

周囲は木が多くて静かで、宿は凄くキレイで、とても居心地の良い場所でした。高いけどね。

 

さて、フィンランドと言えば何でしょうか?

ムーミン! 正解!

サンタクロース! はい正解!

・・・

エアギター選手権! おっ!正解!!

 

そう、ちょうど僕の滞在していた時期にエアギター選手権があり、調べてみたら日本人の女の子が出場するってんで、応援しに行こうかめっちゃ悩んでたんですよ。地球の歩き方の北欧編を作っている後輩にまで相談しました。でも開催都市が「オウル」というヘルシンキからかなり北に行った場所で、往復の移動費がもの凄い出費になってしまうので諦めました。のですが、結果みたら優勝してるやないですか!Σ(`Д´ )マジ!?

 

行けば良かったかなぁ・・・。

 

 

で、エアギターは諦めたので、次はムーミンですね。

フィンランドには「ムーミンワールド」という場所があります。場所はヘルシンキから2時間程に移動したトゥルクという場所。ここは歴史的にも古く、フィンランドの旧首都だった場所。

前回の記事で一緒にサウナに行ったエーロとビザがこのトゥルク出身。

 

彼ら曰く、トゥルクに来る日本人は必ずムーミンワールドに行くと言ってました。

ちなみにビザは高校生の時にムーミンワールドでバイトをしていたという可愛い奴です。

 

で、彼らに聞いてみたら

「数日前に今年の営業終ったよ」

 

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

 

ムーミンは夏の間だけの営業らしいです。

フィンランドでムーミンと触れ合うのを楽しみにしていたので、その代わりに本屋へ行ってきました。

p1790952

ありました、ムーミンの本。子供用のコーナーに行くと売ってます。

フィンランドなら英語版あるだろうと思って行ったらビンゴ!

p1820499

ということで、第1巻を買いまして、英語のお勉強がてら読んでます。

 

ちなみにフィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語です。

なぜスウェーデン語?と疑問の方もいるかと思いますが、歴史的にはフィンランドはかなり波瀾万丈な国で、スウェーデンには約650年、その後ロシアに約100年もの間支配されてきました。そんな背景もあってか、今でも学校ではスウェーデン語の授業があり、実際にスウェーデン語を話す人も少なからずいる様です。僕がベネズエラで一緒にトレッキングをしたフィンランド人のカーティヤはスウェーデン語を話してました。

 

と、まぁフィンランドの公用語はこの2つなのですが、もう1つ公用語並みに通じるのが英語

フィンランド人の英語力は凄いですよ。老若男女問わず、みんな流暢に英語を話します。

話を聞いてみたところ、日本との最大の違いは「翻訳」。

 

特にテレビや映画で外国のものを放映する場合、フィンランド語に吹き替えられた物が流れる事はまず無いと言ってました。基本的に言語はそのままで、下にフィンランド語の字幕が付くだけ。アメリカのテレビドラマなんかはフィンランドでもよく観られているそうで、小さい頃から自然と耳が英語に慣れて行くそうです。日本ではほぼ全てが吹き替えられてしまいますからね。自ら環境を整えて行かないと、なかなか小さな頃から耳を英語にならすのは難しいです。ましてそれを小さな子供が自らやるなんて事はまぁ厳しいでしょう。

 

日本のアニメも日本語にフィンランド語字幕で見るそうなのですが、日本語の音がフィンランド語に似ているらしく、「あれ?いまのフィンランド語?」と思う事が多々あるそうですよ。面白いね。

 

ムーミンからかなり話がそれましたが、フィンランドでは英語が広く通じるため、ムーミンもきっと子供コーナーに英語版があるだろうというあたりを付けて行ったらビンゴだった、というお話でした。

 

最後にサンタクロースですが、これも遠いので行ってません!

 

 

さて、フィンランドを始めとする北欧は福祉の充実した国・エコな国!というイメージがあります。

こちらではほぼ全ての路上に自転車専用レーンが設けられており、自転車を利用している人も多いです。

p1800068

ヘルシンキ駅とその前を走るチャリダー達。

p1800240

宿の近くの公園。右は自転車専用レーン。

p1800267

フィンランドは人口が540万人で首都のヘルシンキは60万人。日本と比べたら圧倒的に少ないですよね。なので自転車に乗ってても専用レーンが混雑する事も無く、国民が自転車に乗る環境としては凄く良いなぁという印象です。

まぁ人口が少ないから許容出来るのかもしれませんが、路上駐車は結構ありましたけどね。

p1800055

 

そしてもう1つがトラム。

p1800074

ヘルシンキの街中をブイブイ走ってます。

p1790948

p1800244

トラムは他の輸送期間に比べて一度に大勢の人を輸送でき、設置コストが安く環境に良いという事で

p1790992

他のヨーロッパの都市でもかなり見かけます。排気ガスは出ないけど、そもそもの電力をどうやって供給してるんだろうか。と思って調べてみたら、フィンランドの電力供給の約3割が原子力でした。

とは言え、車もまぁ結構走ってるんですが、

p1800218

バイクを全く見ませんでした。他の北欧でもほとんどバイク見なかったなぁ。やっぱりエコじゃないのかな?

北欧でのバイク需要はどうなんでしょうか? 日本ではヤマハ辺りが安い電動バイクを出し始めた様ですが、北欧市場はどうでしょうか?

 

ということでOKAのつぶやきも一段落したので、ヘルシンキの街をさーっとっ見て終わりにしましょう。

p1800202

こちらは映画「かもめ食堂」でも出て来たハカニエミのマーケット。

p1800041

僕がずっと「ハニカミ」だと思っていたら、最後に「ハカニエミ」だという事に気付いたという場所です。

建物の中はうまそぉぉぉぉぉぉな料理で溢れてました。特にサーモン系がたまらん!!

p1800007

外には野菜や果物を売る店がちらほら。平日だった為か店の数は少なかったです。

p1800034

でもさすが北欧。高杉。

どのくらい高いのか、1つわかり易い例を出すと、500mlのコーラ、300円以上します。

日本の倍ですよ。

 

ヘルシンキ大聖堂

p1800104

と、広場。

p1800092

フィンランド語?だと思われます。

p1800133

僕が覚えた唯一のフィンランド語は「キートス!(ありがとう!)」。

 

こちらは海岸沿い。こいつが何をしてるかというと・・・

p1800168

立ちショーーーーン

p1800134

この隣りのスペースにはこれからウンコ中の像が造られるとか。

 

うそです。

 

こちらは「愛の橋」。

p1800164

え、なんか日本語訳すると気持ち悪いので英語のママにしときましょう。

もとい、こちらは「Bridge of Love」。

p1800163

「the  作られた観光名所」な感じがプンプン漂ってます。この南京錠もほんと何処でもやってますね。

僕はもちろん1人だったのでやってませんよ。寂しすぎるよね。

 

こちらは海岸沿いの市場。

p1800194

土産物や食べ物の屋台が沢山出ていて、観光客でとても賑わってます。

特にサーモンを使った料理が目立ちまして、そしてもの凄ーーーく美味しそうな臭を漂わせていたのですが

p1800190

いやー高い。仕事してたら間違いなく食べまくったんですが、今の生活では食べられません!!

例えばサーモンと何かしらを乗っけたプレートが一皿11ユーロ(約1500円)。

うっひゃーな値段です。

 

フィンランドは、外からポッと来て旅をするにはやっぱり高いです。でも話を聞くと、例えば学費は大学まで無料!大学までですよ!しかもエーロ曰く外国人留学生も無料なので、インド人なんかが多く留学に来ているそうです。

 

日本では消費税が8%になり、次は10%ですか。増税の先にはどんな未来が描かれているんでしょうか。

こういう国に来る事で、改めて自分の国の状況に興味が出てきますね。

選挙、行きましょうか。

 

**********************************************************************************************

【 Helsinki:ヘルシンキ情報 】

■ Hostel:宿

STADION HOSTEL」:booking.comにて予約

p1800280

ドミ1泊 €26.1(約$36)・バストイレ共同・キッチン有・WiFiフリー・ベッドリネン代込み

オリンピックスタジアム内にあり、ヘルシンキ駅からは徒歩15〜20分。周囲は木が多く静かな場所。

宿から徒歩3分の場所に前回の記事で紹介した公共サウナ有り。値段は €3.8(約$5)

プールが男女共用なので、水着が無い場合にはレンタルする必要有り。

 

Ryosuke Oka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。